植木剪定

チャドクガの消毒 

更新日:

春先、5月ごろから、毛虫がでてきます。

特に怖いのがチャドクガ。

山茶花と椿につきますが、毒性が強くかぶれます。

ひどいときは入院する人もいるくらいです。

 

葉がこみいって風が通らないと、毛虫がつきやすいです。

 

なので、風が通るように梳いてあげることも大事です。

木もその方が喜びます。

 

IMG_0476

 

葉の後ろ側に密集しています。

 

今回はマラソン乳液を使います。

 

IMG_0477

 

噴霧器は蓄圧式。

蓄圧式とは手でポンプみたいに押してその圧力で噴霧するタイプのことです。

蓄電式とは充電式のことですね。

充電式より、私は蓄圧式をお勧めします。

充電式は結構すぐ充電がなくなっちゃうんです。

そして、そんな頻繁に消毒するわけではないので、毎回充電しなくちゃなんですね。

なので蓄圧式がおすすめ

 

IMG_0478

 

ちなみに、同じ薬を使い続けると植木事態にその消毒液の耐性がついてしまうので、スミチオンやマラソン乳液など薬は変える必要があります。

 

おすすめは、スミチオン、マラソン乳液を交互に使うといいと思います。

 

消毒する時期のおすすめは、まず春先、5月ごろから梅雨前に一度しておくと毛虫がつきづらくなります。

あとは夏場、適時に。

次に消毒するまで、2週間くらい開けた方がいいですね。

あまり頻繁だと木がかわいそう。。。

 

散布する量ですが、ほどよく。

どうほどよくかというと、多少、ぽたぽた垂れる程度ですかね。

少ないと効き目が当然薄くなりますし、やりすぎると木に負担がかかってしまいます。

 

くれぐれも自分にかからないように、風などを考慮しながら撒いてくださいね。

消毒したら、お風呂に入った方がいいでしょう。

 

 

IMG_0475

 

消毒してから、剪定して、念のため最後に消毒します。

 

剪定した後の写真を撮り忘れました。。。

 

 

楽天で手ごろなものがありました。

このくらいのものがいいと思います。

蓄電式より、壊れずらいのもうれしいですね。

取っ手の先端が伸び縮みして、ある程度高いところにも届きます。

 

いつもありがとうございます。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-植木剪定

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.