植木剪定

バラの水やり 方法 頻度は? 人のために咲く、咲かせる

更新日:

 

茅ヶ崎の駅からまっすぐの道に、バラ園のようなお庭があります。

おでかけするとき、いつもバラの花の水やりを頼まれます。

今年も。。。

季節は5月のはじめ、きれいに咲く時期です。

バラは、咲いている時間が短いです。

5月の初めから中旬あたりまでの半月ほど。

でもその半月の間、見事に、誇り高く咲き誇り、私たちを優雅な気持ちにさせてくれますね。

 

 

バラの水やり 頻度は? 方法は?

 

バラの水やりは、季節によってやや違います。

この時は5月のちょうど咲いている時期だったので、たっぷり上げました。

 

 

見事ですね。

 

咲く時期から熱い時期は、土の表面が乾いたらたっぷりあげるといいです。

そしてそれ以外の時期は、湿り気を確かめながらあげるといいようですね。

たっぷりとは、たとえば鉢の下から水が出てくるくらい、という感じです。

地植えの場合、基本的にはたくさんあげる必要はありません。

 

水やりは、花や葉に水がかからないように土に直接あげるのがポイント。。。

水がかかると黒点病の原因になったりするからです。

 

熱い時期は朝夕の2回、水やりの必要がありますが、それ以外は土の乾き具合を見ながら、乾いたらあげる程度にしましょう。

あまりあげすぎるのも、根腐れの原因になります。

 

みんなのためのバラ

 

 

水やりをしていると、通る人が「きれいですね」と声をかけてくれました。

写真を撮らせてほしいと、一生懸命写真を撮っていました。

私はそのとき、わかりました。

ここのお家の人は、自分が好きだから育てているだけではないということに。

もちろん、それもあるでしょう。

嫌いなら育てられないし、好きでなければ面倒でできないはずです。

だけど、人が見て楽しんでもらうためにも、このバラを育てているに違いない、と感じました。

以前、聞いたのですが、ポストにメモが入っていて、「道路からいつも眺めてすてきな気持ちになります。ありがとうございます」と書いてあったそうです。

人って、人が喜ぶことにこそ、喜びを感じる生き物なんですよね。

水やりをしながら、なんだか心がほっこりしました。

 

バラの花言葉

 

 

バラの花言葉は、「愛」 「美」です。

だけど、実は色によって細かく違うんです。

 

赤いバラ

「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」

白いバラ

「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」

ピンクのバラ

「しとやか」「上品」「感銘」

青いバラ

「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

黄色いバラ

「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」

赤いバラのつぼみ

「純粋と愛らしさ」「純粋な愛に染まる」

白いバラのつぼみ

「恋をするには若すぎる」「少女時代」

バラのトゲ

「不幸中の幸い」

 

それぞれに意味があります。

バラ全体の花言葉が「愛」だというのもうなずけますね。

sponcerdrink

sponcerdrink

-植木剪定

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.