水廻り

流しの下の水漏れ

更新日:

 

流しの下から床に水が漏れてしまうとのこと。

下の写真は流し台と床の部分です。

ここから水がじわじわ漏れてくるというのは、配水管が詰まってしまったため、流しの下に排水がたまり、そのためにじわじわ漏れてくるからです。

 

IMG_0207

 

なので、まずは排水のつまりを直します。

 

IMG_0206

 

業務用の上のような道具で、何度も突っついて詰りをとります。

 

おばあちゃんのひとり暮らしで、他の業者さんに連絡したら高圧洗浄をしないとだめだといわれたとのこと。

それだと金額が高くなっちゃいます。

 

詰りを直したら、流しの下にたまっている排水をきれいにします。

流しの下の白いベニヤをはがします。

かなり前から、少しずつ漏れていたようでこんな感じになってしまっていました。

 

IMG_0208

 

 

ベニヤをはがして、下の排水をきれいにふきとります。

 

その上、今回はシンクからもぽたぽた漏れていました。

シンクの下の配管を外して、パッキンを交換。

 

IMG_0211

 

下から見るとこんな感じです。

 

IMG_0210

 

流しの配管を外したところ。

 

IMG_0212

 

こういう道具を使ってはずします。

 

IMG_0209

 

 

排水をとりつけて、ベニヤを張り替えてこんな感じに。

 

IMG_0215

 

 

流しの下から水がじわじわ漏れてくるのは、よくあることです。

その場合は、大げさな工事にしなくても、つまりを直して、流しの下をきれいにすれば大丈夫です。

 

これはDIYではちょっと無理かと思います。

 

排水のつまりの防止には、夜寝る前に、気づいた時だけでいいのでお湯を流すといいです。

排水の中で寝ている間に熱湯がとどまり、油などを溶かしてくれますから、つまり予防に効果的です。

熱湯を流すと配水管が溶けてしまうのではと思う方もいますが大丈夫です。

配水管の先の出口は上に向いていて水がたまった状態になっています。

ネズミや虫の侵入を防ぐためです。

なので熱湯を流して一晩放っておくと、熱湯が冷めるまでは配水管に留まり周りについた油かすを溶かしてくれます。

朝、ふつうに使えば柔らかくなった油かすが少しずつ流れていきます。

sponcerdrink

sponcerdrink

-水廻り

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.