営繕・大工

ウッドデッキの造作 作り方 DIYでも

更新日:

ウッドデッキを作りました。

ウッドデッキの依頼は茅ヶ崎では結構多いですね。

洗濯物を干したり、ワンちゃんを遊ばせたり、ご飯を食べたり、ビーチベットでお昼寝したりとウッドデッキがあると用途が広いですね。

 

一般の方はキッドもあるので、それを利用すれば少し器用な方ならできるかと思います。

だけど、キッドは規格があり自宅の状態と会わない場合もたくさんでてきます。

私たちは角材やツーバイフォーの材料で作ります。

 

ウッドデッキ造作

まずはお話を聞きます。

ここに、こんな風に作ってほしい、大きさはこのくらいで、このくらいの高さで、このくらい使いたい、などなどお聞きして見積りをしました。

お願いねっということで、材料を揃えて早速作業に。

 

まずは基礎から。

 

ウッドデッキはほとんどお庭に作るわけなので、下は土です。

それで、下を全部コンクリートで固めないといけないのではないかと心配する人もいますがそんな必要はありません。

少し掘って、そこに砂利を敷いて固めてピンゴロという石を置けば大丈夫^^。

 

ピンゴロというモルタルの石を平衡をとりながらおいていきます。

この時、下に砂利をいれます。ここがポイント。砂利を入れないと後々グラグラしてしまいかねません。

 

IMG_0451

 

四隅から決めていきます。

IMG_0452

 

真ん中も決めて、こんな具合に。

今回はそんなに大きなウッドデッキではありません。

IMG_0455

 

材木か何かを置いてそれぞれの平衡をとります。

これがとても大切。

この平衡がとれていないと、ががーん 曲がってしまいますぅぅ。

 

ウッドデッキの土台を作る

ピンゴロの上に、床束という角材をおいて、そのうえにやはり角材で大引きという土台を置きます。

もっと細かく写真にとればよかったのですが、夢中になっちゃって、ここまで作っちゃいましたwww。

平衡をとるのが、結構大変。

ピンゴロの上に乗っている足が床束。

横に4本ある太いのが、大引きといいます。

 

IMG_0453

 

一度ばらして、塗装します。

これはペンキでもいいし、ステインという防腐剤でもいいです。

土台はウッドデッキができてからでは塗れませんし、何年かたって塗装となっても塗れませんからしっかり塗装します。

上に張る2バイ4の材料も、組む前に塗装します。

そうすれば、下も接合部分も塗れますから。

ひと手間が、長持ちのコツ。。。

ウッドデッキは木で作りますから、そして外にあるものですから、しっかりと塗装をかけます。

IMG_0454

 

床を作る

床を並べてビスで、大引きのところを固定します。

この時、木工ボンド等を使わない方がいいんです。

なぜかというと、のちのち、板が傷んで交換の必要がでてきたときにはがれづらいですから。

ビスでしっかり止めれば大丈夫。。。

 

張るとこんな感じ。もう一度塗装を塗ります。

IMG_0460

 

 

枠をつける

お客さんの要望で、両サイドに枠をつけました。

床束を最初から伸ばす場合と、床の上につける場合があります。

今回は上につけました。

 

IMG_0461

 

両サイドの柱にフックをつけて、物干し竿がかけられるようにしました。

IMG_0463

 

完成です!

 

IMG_0462

 

ウッドデッキの作り方のポイント

ウッドデッキの作り方のポイントは、それぞれの段階で平衡を確認しながら作ることと、木と木の接合面もちゃんと塗装することですね。

 

 

 

いつもありがとうございます。

ウッドデッキの造作は、茅ケ崎で創業21年のエボシまで。。。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-営繕・大工

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.