営繕・大工

階段の手すりの取りつけ 

更新日:

 

階段に手すりを取り付けます。

いつも頼んでくれるおばあちゃん。

「腰が痛いから、階段がきついのよ」

10年前から頼んでくれています。

当時から比べると、腰が曲がって辛そう。。。

 

手すりの取りつけは、条件がそろえば、20万円まで介護リフォームで1割負担か2割負担でできます。

ここに詳しく書いてあります。

 

ここのお客さんは、介護認定を受けていませんので前年ながら介護リフォームは使えません。

まだまだお元気ですから。

 

手すりの取りつけ やり方

 

仕事の前にお仏壇にお線香を供え、手を合わせます。

おじいちゃんにもとてもよくしていただきましたから。

さっそく作業に。

 

下地を調べて、手すりの取りつける位置(間柱)を探す

まずは下地を調べます。

手すりの取りつけは、壁の柱を調べてそこに受け金具を取りつける場合と、下地材という板を壁に取りつけてそこに受けをつける方法があります。

今回は壁に直接。

なので壁の裏側の間柱という柱のある位置を調べます。

間柱というのは太い角材のこと。

目安は、どちらかの壁の角から900ミリのところ。

ほとんど900ミリピッチで間柱があります。

そしてその真ん中、つまり450ミリのところに垂木というやや細い材料が使われています。

 

IMG_0298

この道具は、壁の柱を調べる道具。

 

IMG_0299

こんなふうに針がついていて、刺すと柱があると止まるのでわかります。

IMG_0300

 

手すりを取りつける高さを決める

階段に手すりを取り付ける場合、右につけるか左につけるか迷いますね。

下りの時の聞き手側が基本。

しかし、廻り階段やそのお宅の事情などで逆か両方につける場合もあります。

今回は曲がりの内側にということで逆側につけます。

 

手すりの高さは、段鼻といって階段の角の部分から750ミリ、階段の平のところから800ミリというのが基本です。

しかしこれはあくまで基本で、お客さんの腰骨(腰の横の骨のところ)のあたりに取りつけます。

間柱のある位置の部分を階段から測り高さを決めます。

 

柱に固定金具を取り付ける

 

受け金具はいろんなものがあります。

今回は短めの手すりなのでこれにしました。

IMG_0301

 

頭が動くようになっていて、角度の調整が自在にできます。

IMG_0302

 

柱にとりつけました。

この時、手すり本体をあててみて、まっすぐに取りつけないと後でやり直すことになります。

 

手すり本体を取りつける

手すり本体を取りつけます。

住まいの中なら温かみのある木の手すりにします。

屋外の場合、金属や合成樹脂のものじゃないと傷んでしまいます。

木の方が冬場など冷たくないんです。

 

IMG_0303

 

固定金具に手すりを取り付けました。

 

IMG_0304

 

手すりのはじに、エンドキャップをとりつけます。

 

IMG_0305

 

完成。

IMG_0306

 

いつもありがとうございます。

 

器用な人なら手すりはDIYでできます。

 

壁の中に柱がありますから、それを探して、そこに固定金具をつけるのがポイント。

柱は、ほとんど、どちらかのはじから90センチ間隔で入っています。

 

必要なら両サイドにつける場合もありますが、荷物を動かす時に不便になることがあります。

 

階段の手すりはちょっとDIYではむづかしいかもしれませんが、玄関やトイレ、お風呂の手すりはDIYでできると思います。

 

体を支えるものですから、特にご年配の方が使う場合が多いですから、絶対にしっかり取りつけましょう。

少しでもぐらぐらしないようにしましょう。

 

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-営繕・大工

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.