営繕・大工

ルーバーの木の戸袋の修理 湘南茅ヶ崎の住まいの修理はエボシまで

投稿日:

 

 

 

ルーバーの木製の雨戸の戸袋は年数がたつとこんな風に横の板がとれてきちゃいます。

敷居から全部サッシに変えると結構根が張るので、修理で対応することにしました。

 

 

 

戸袋の雨戸が入るところ。

傷んじゃってます。

 

中のベニヤもぶかぶかですね。

 

戸袋をはがす

 

 

戸袋のルーバーの横の桟を外しちゃいます。

外さないと、あとから落ちてきて戸袋の中に入っちゃって引っ掛かっちゃったりします。

縦の桟は大丈夫そうだったので生かしました。

 

 

耐水ベニヤを張る

 

耐水ベニヤを貼ります。

これで大丈夫。

後はペンキを塗って出来上がり。

ペンキを塗ったところの写真、忘れちゃいました。

 

 

戸袋の中のベニヤも上から貼ってこの通り。

これで大丈夫。

あとは、細かい修繕をしました。

 

 

銀杏ご飯

 

お客さんがお昼ご飯をだしてくださいました。

 

ほんのり、銀杏の香りが沁みました。

 

 

 

道から撮った写真。

きれいに仕上がっています。

もう大丈夫。。。

 

戸袋はサッシに変えることもできますが、その場合は雨戸の敷居からの取り換えになります。

ケースバイケースですが、修理で対応できる場合も多くあります。

 

15年以上とか持たせたいなら、思いきって冊子にすることを検討してもいいかと思いますが、お住まいの年数や、どのくらい住まれるかなどによって、そこまで持たせる必要もないかな、という場合は修理で何とかした方が、安上がりではあります。

 

ルーバーの雨戸は数十年前、流行ったんですね。

雨戸もルーバー。

いずれにしろ、木の住まいは修理で何とかなる場合がほとんとです。

今風のメーカーハウスは、モジュールと言ってそのメーカーのサイズと材料を使っているので修理で対応できないんです。

結局メーカーに相談するしかなく、大掛かりなリフォームを提案されたりしちゃいます。

考えものではあります。

昔ながらの木やモルタルの住宅は、修理ができるように作られています。

だから、修繕をしながら住めば、50年とか持つんです。

 

いつもありがとうございます。

住まいの修理・修繕は便利屋エボシまで^^。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-営繕・大工

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.