営繕・大工

軒天の修理 湘南 茅ケ崎

更新日:

屋根の下の部分を軒天と言いますが、古くなるとはがれてきてしまいます。

大げさな工事をしなくても、そこの部分だけ張り替えることが可能です。

だからもちろん足場も組まないで、はしごで直しちゃいます。

 

軒天のすきまに鳥の巣が

 

ここのお宅は、軒天がはがれたその隙間に小鳥が巣を作っていました。

下見に行くと、ぴいぴい鳴いています。

お客さんは、かわいそうだから、巣立つまでまってあげたいとのこと。

僕も大賛成。

やさしいですね。きもちがほのぼのしました。

 

しばらくして、巣だったとのことで、作業をすることに。

 

見づらいですが、このように破れています。

 

IMG_0132

 

登っていって1枚をはがすと、中にわらがいっぱい。

巣のあとがあります。もう無事巣だったので撤去することに。

よかったね^^

がんばって生きていくんだぞ。

ここのおばあちゃんに感謝するんだぞ、と心の中でつぶやきました。

 

古いベニヤをはがす

 

IMG_0133

 

軒天は木のベニヤかボードでできています。

ベニヤの場合がおおいですね。

古いベニヤをきれいにとります。

 

軒天は破風板に溝がありそこにあててはるので、きれいにはがします。

簡易的なやり方の場合、下からベニヤを貼りつける方法もあります。

 

軒天を貼る

 

あらかじめ白のペンキで塗っておいた耐水ベニヤを切り出します。

貼ってから塗るより、あらかじめ塗っておきます。

 

IMG_0134

 

軒天は、破風板の内側に溝があり、そこにはめ込みます。これがちょっとしたコツがある。

頭の白い釘で打ち付けます。

新しいので、周囲と少し色が違いますがそれは仕方ない。。。

 

IMG_0135

 

隅をコーキングでしっかり固定させます。

もちろん白。

 

IMG_0137

 

見づらいですが、こんな感じ。

 

IMG_0136

 

小鳥も無事だったし、作業も順調に進みました。

ありがとうございます。

 

軒天がはがれかかってベロンとなっているのはみっともないですね。

それをそのまま放っておくと、さらにはがれてそこから鳥やコウモリが屋根裏に入ってきてしまいます。

雨漏りの心配はありませんが、台風の時などは吹込みで雨が入り込んでくる場合もあります。

 

よくリフォーム屋さんなどは全部塗り替えましょうとか足場を組んで全部交換しましょうとなりますが、数枚なら足場など組まないではしごで修理できます。

はしごが書けられない場所だとできないんですけれど。。。

 

波板の張り替えは、茅ヶ崎で創業21年の営繕・便利屋エボシまで。。。

sponcerdrink

sponcerdrink

-営繕・大工

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.