営繕・大工

ドアクローザーの取りつけ 交換 調整で使える場合もあります

更新日:

 

 

バタンとドアが閉まってしまうのは、危ないしうるさいですね。

ドアクローザーは、普通に使えば20年以上使えます。

 

IMG_0250

 

ドアクローザーの調整 壊れているかの判断

 

バタンと閉まってしまったり、重くなった場合、調整してみましょう。

メーカーによって違いますが、ドアクローザー本体のどちらかの脇にプラスかマイナスドライバーで強さを修正するところがあります。

横のところにプラスかマイナスのネジのようなものがあればそこです。

強さを調整できますから、ゆっくりどっちかに少しずつ廻して調整してみてください。

それを調整してみて大丈夫ならまだ使えます。

それでも調子が悪い場合や、油圧の油が漏れてしまっている場合は寿命です。

ドアクローザーは中に油が入っていて、それが圧力をかけることで強さを調整しています。

ドアクローザーの下から油のようなものが漏れてきていたら交換が必要です。

漏れていなければ、多くは調整でまだ使えます。

 

ドアクローザーの交換の仕方

 

IMG_0249

 

だいたい、調子が悪いということは年数がたっているということで、古いドアクローザーは同じタイプのものはまずありません。

そんなときは、上の写真のような取り換え用のドアクローザーでほとんど対応できます。

 

IMG_0248

 

慣れている人ならDIYでもできますが、曲がってしまったり角度の調整が少しむづかしいですね。

ここのお宅は女性のみの家族ですから、何かあるといつも私に頼んでくれます。

さっそく作業を開始。

 

IMG_0251

 

まずは古いドアクローザーを外します。

いきなり本体を外すのではなく、アームの部分をドアからはずしてから。

 

IMG_0252

 

それから本体を外します。

 

IMG_0253

 

ドアの桟に固定金具をとりつけます。

取り換え用ドアクローザーなので、このように、穴の調整ができるようになっています。

ただ、あいている穴が3つの場合は、もう一つ開ける必要があります。

 

IMG_0254

穴が3つしかないので穴を開けなくちゃ。。。

38ミリのドリルを使います。(この商品の場合)

 

IMG_0256

 

このネジを緩めて、

 

IMG_0257

 

こんな具合にとりつけます。

 

次にドアに本体をとりつけます。

それにしても今日は暑い。。。

 

IMG_0258

 

こういう金具がついています。

まずは取説通りにとりつけて、

 

IMG_0259

 

次に横にスライドできる、上の写真のような金具をとりつけます。

横にスライドできるので、ドアに合わせてとりつけられるんですね。

 

IMG_0260

 

本体のとりつけ。

 

IMG_0261

 

アームをとりつけます。

 

IMG_0262

 

開いた状態でストップする位置を調整。

角度の調整も強弱も、調整できます。

 

完成。。。

 

閉めてみると、静かに、ほとんど音もせずに閉まります。

いつもありがとうございます。。。

 

バタンと閉まってしまうと、指でも挟んだら大変ですから

調子が悪いドアクローザーは交換をお勧めします。

sponcerdrink

sponcerdrink

-営繕・大工

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.