24節気

雨水(うすい)っていつ? ひな人形と雨水

更新日:

 

 

雨水は、二十四節気の2番目で「うすい」と読みます。

十二星座占いの、魚座の始まりでもある雨水。

どのような由来があるのでしょうか。

それでは、雨水について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

雨水っていつ?

 

雨水は2月19日頃です。

「立春」の半月後で、次の節気は「啓蟄」です。

期間としては2月19日から啓蟄の前日、3月5日頃までを指します。

 

雨水の由来は?

 

国立国会図書館に、江戸時代に書かれた『暦便覧』という本が蔵書されています。

二十四節気についても記載されているのですが、雨水は
「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」
と記されています。

つまり雨水とは、空から降ってくものが雪から雨になり、積もっている雪も融け始める頃
という意味です。

2月中旬なので、実際にはまだまだ雪が降っている地域もあると思います。

ですが昔の人々は、流れ出す雪溶け水や芽吹く草木に春の足音を感じたのでしょう。

春一番が吹き、鶯の声が聞こえ始める地域もあります。

また、農耕の準備を始める目安でもありました。

 

雨水の期間の七十二候にはどんなものがあるの?

 

二十四節気は、約15日間隔で設定されています。

これを約5日ずつに分けた期間のことを、七十二候(しちじゅうにこう)といいます。

古代中国で考えられた季節を表す方式のひとつで、日本に合うように変更されています。

雨水の期間には、以下の3つの七十二候があります。

 

[初候]土脉潤起

読み方:つちのしょう うるおい おこる
意味:雨が降って土が湿り気を含む

 

[次候]霞始靆

読み方:かすみ はじめて たなびく
意味:霞がたなびき始める

 

[末候]草木萌動

読み方:そうもく めばえ いずる
意味:草木が芽吹き始める

 

雨水と雛人形?

 

女の子の健康や成長、幸せなどの想いを籠めて飾られる雛人形。

結婚式の場面を表現したものでもある雛人形には、将来、幸せな結婚ができるようにという願いが籠められています。

ではそもそも、どうして雛祭りは始まり、雨水とはどのような関係があるのでしょうか?

 

上巳の節句

 

雛祭りは「桃の節句」とも呼ばれています。

もともとは「上巳の節句」といい、季節の節目の日である五節句のひとつです。

古代中国で定められた、奇数の重なる日を呼びます。

ちなみにほかの五節句は、

人日(じんじつ):正月7日

端午(たんご):5月5日

七夕(しちせき):7月7日

重陽(ちょうよう):9月9日

です。

上巳の節句は、春を喜び、無病息災を祈る日でした。

 

雨水と雛人形

 

古く、上巳の節句は「神送りの日」とされていました。

神の形代(かたしろ)とみなした手づくりの人形を川や海に流し、厄を祓っていました。

これがのちに、雛人形を飾り、女の子の成長を祝う行事に変化していったのです。

このような経緯から、雛祭りは水と深い関係があります。

そのため、二十四節気のうち「雨水」が、雛人形を飾るのに相応しい日とされています。

雨水の日に雛人形を飾ると、良縁に恵まれるそうですよ。

 

いい日わるい日

ちなみに。

雛祭りの前日に雛人形を飾るのは「一夜飾り」といって、縁起がよくありません。

お葬式のように急なことで、一夜で準備をおこなうのと同じようなイメージがあり、縁起が悪いとされています。

また、雛人形は3月3日の雛祭りが終わったらすぐに片付けましょう。

そうすると、女の子は行き遅れがないといわれています。

 

まとめ

 

雨水の次の二十四節気は、啓蟄(けいちつ)、春分と続きます。

雪が雨に変わり草木が芽吹いたあと、冬眠していた虫達が地上へと顔を出し、春を迎えます。

春はもうすぐ其処ですよ!

寒さに負けず、元気に新年度を迎えましょう!!

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.