24節気

冬至はいつ? 意味は? 風習は? カボチャや柚子湯について

更新日:

 

 

冬に至る、と書いて、冬至(とうじ)と読みます。
1年のなかで最も夜の長くなる日のことを、冬至といいます。

太陽との関係や厄払いの風習など、いろいろと面白い1日です。
それでは、冬至について見ていきましょう。

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

冬至の時期と由来

 

毎年だいたい、12月22日頃にあたります。

期間としては、12月22日から、次の節気の「小寒」の前日、1月4日頃までを指します。

前の節気は、「大雪」です。

冬至の日は、太陽が1年のうちで最も低い位置(南回帰線上)にあります。

そのため、北半球では1年で最も夜が長く、昼が短い日になります。

この日を境に太陽の照る時間が段々と長くなることから、古代中国の暦法で、冬至を1年の始まりと定めたようです。

中国では、現在でも「冬至節」として天の神を祭る儀式をおこなったり、ご馳走を食べたりする地域があるそうですよ。

日本へは、いろいろな風習とともに、中世に伝わりました。

 

冬至の風習

 

日本では、冬至に柚子湯に入ったりかぼちゃを食べたりすると、風邪をひかないと言われています。
冬至にはどのような風習があるのでしょうか。

冬至風呂(柚子湯)

これは、江戸時代の銭湯が発祥だと言われている習慣です。

夜が最も長くなる冬至は「死に一番近い日」と言われていました。
そのため、柚子を浮かべた風呂に浸かり、身体を温めて厄を祓うとともに無病息災を祈っていたのだとか。

それにしても、どうして冬至に柚子なのでしょうね。

湯治(とうじ)と冬至、融通(ゆうずう)と柚子との語呂合わせだという説が有力なようです。

現代科学においては、風邪の予防は勿論、血液の流れをよくしたり、冷え性や神経痛、腰痛などを和らげたりする効果があるとされています。

 

冬至とかぼちゃ

冬至には「ん」のつくものを食べて運を呼び込むという「運盛り」という風習がありました。

かぼちゃは、漢字では「南瓜」と書きますが、これは「なんきん」と読めます。

そのため、かぼちゃを冬至に食べることで無病息災を願っていたのです。

かぼちゃにはビタミンやカロチンが多く含まれているので、風邪の予防にもなりそうですね。

ほかにも「れんこん」「にんじん」「いんげん」「うどん」など、いろいろな食材があります。

 

小豆粥(冬至粥)

小豆の鮮やかな赤色には、邪気を祓う力があると言われています。

そのため、冬至の日に小豆の入ったお粥を食べることにも、運を呼び込むという意味があるようです。

 

こんにゃく

日本各地にはさまざまな風習があり、冬至の日にこんにゃくを食べる地域もあります。

冬至の日にこんにゃくを食べることを「砂おろし」といいます。

昔の人は、こんにゃくを「胃のほうき」と呼んでいたそうです。

そのためこんにゃくを食べると、身体のなかに溜まった砂を掃除することができると考えられていたようです。

 

星祭(ほしまつり)

星祭は、仏教の儀式です。

古く、人間の運命は天体の星々と深く結びついていると考えられてきました。

安倍晴明で有名な陰陽道でも、地上の人間と対を成すのは天体の星々です。

そこで、星を供養することで人に運を呼び込もうという信仰が生まれたのです。

どうしてその儀式を冬至におこなうようになったのか、というと。

1年で最も夜の長い冬至は、天体の星々が最も長く空に輝いている日でもあります。

そのため、星を供養するのに相応しいと考えられたのです。

 

朔旦冬至って?

 

朔旦冬至(さくたんとうじ)とは、旧暦11月1日と重なった冬至のことをいいます。

1文字目の「朔」は、新月の日を表しています。

2文字目の「旦」は、元旦(がんたん)という言葉に使われていますが、夜明けを表します。

冬至は、翌日から日照時間が長くなる、いわば「太陽の復活の日」です。

そして朔日=新月の日は、いわば「月の復活の日」ですね。

太陽と月が同時に復活の日を迎えるため、とても縁起のよい日とされているのです。

ですが残念ながら、毎年あるわけではありません。

次回の朔旦冬至は、2052年12月21日です。

 

冬至と七十二侯

 

なつかれくさしょうず

乃東生 12月22日ごろ

夏至の「乃東枯」に対応し、うつぼ草を表しているとか。

夏枯草が芽をだす頃のことですね。

 

さわしかのつのおつる

麋角解 12月27日ごろ

「麋」は大鹿のことで、鹿が古い角を落として生え変わるという、鹿の角が落ちるころという意味があります。

 

ゆきわたりてむぎのびる

雪下出麦 1月1日ごろ

浮き上がった芽を踏む「麦踏み」は日本独特の風習ですが、雪の下で麦が芽を出すころにあたります。

 

まとめ

 

冬至の日を境に日は長くなっていきますが、1月へ向けて寒さはいっそう厳しくなっていきます。

かぼちゃや小豆粥などを食べて、暖かくして新たな年へ備えたいですね。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.