24節気

大暑(たいしょ)の時期はいつ? 土用の丑の日のウナギと天ぷら

更新日:

 

 

二十四節気の中でも、漢字だけでなんとなくイメージができてしまう大暑。

読み方は、"たいしょ"と読みます。

読んで字のごとく、一年で一番暑い日(時期)のことを指します。

 

風鈴の音、かき氷屋の暖簾、、打ち水など、日本にある夏の原風景が自然と浮かんできます。

四季の中でもとにかくジリジリと暑い、日本の夏ですね。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

大暑はいつ?

 

大暑は7月23日頃です。

期間としては、7月23日から次の節気の「立秋」の前日、8月7日頃までをさします。

ちなみに大暑の前の節気は、「小暑」です。

 

大寒に比べ、知名度が低い? 大暑

 

「大暑」という名前なんですが、実はその真逆「大寒」に比べて、いまいち知名度が低いですよね。

なんででしょう。

大暑は、猛暑の時期です。

 

ニュースなんか観ててもアナウンサーが「大寒」「大寒」とは言いますが、「大暑」って言ってるイメージがあんまりないですよね。

実は毎年、テレビ番組を観ていると、決まってこの時期ニュース番組で取り上げられているのが、まず「全国各地の猛暑日報道」。

もう圧倒的にこれでした。

ニュースキャスターは「全国各地のこんなに暑かった」スポットを紹介していますね。

 

土用の丑の日のウナギ

 

しかも一番多いのでいうとやっぱり「土用の丑の日」のニュース。

ちなみに近年は、天然うなぎの数が劇的に減ってきて絶滅の危機にあるそうですね。

ちょっと心配です。

ちなみに大暑の日(時期に)食べるものとしては、うなぎと別に「天ぷら」があります。

大暑の日は天ぷらの日になってるなんて知ってました?

完全にうなぎに押されて忘れてしまっていますが、実はそうなんです。

スーパーや食品店では、この日確かに大暑の日に銘打って、天ぷら大安売りを実施してました。

うなぎの数がピンチなら是非天ぷらも普及して欲しいですね。

ちなみに同じ大暑の期間で8月29日は焼肉の日だそうです。

「うなぎ」「天ぷら」「焼肉」。

つまり、暑さを乗り越えるよう栄養のあるもん食べなさい、ということですね。

この3メニューを選ぶあたりも大変わかりやすいです。

 

風鈴

 

ちなみに先に触れた「風鈴」

今では一般家庭にも普及しましたが、実は江戸時代末期に大衆化されたものだそうです。

風鈴は、江戸時代始めには現代でいうと200〜300万円もする高価なものだったそうです。

とても一般人が気軽に購入できる代物ではありませんでした。お金持ちのだけの特権ですね。

それが江戸末期になると、研究熱心なある江戸職人によってガラス製の「江戸風鈴」が生まれ徐々に一般化してきたと言います。当時の風鈴売りの様子を詠んだ歌もたくさんありますね。

 

打ち水

 

また江戸っ子にとって「大暑」の過ごしかたとして定番だったのが、「打ち水」。

これは当時の人にとって行事やイベントという感覚より、暑さを凌ぐための必須習慣と言っても良いでしょう。

アスファルトやコンクリートなんてない時代ですからね、カラッカラに乾いた砂・土の路面はすぐに埃だらけ。

風でも吹けば最悪です。

もちろん空気を冷やす、エアコン効果もありました。

昔の人は本当に創意工夫して日本の四季を乗り越えていたんですね。

しかし、江戸時代から150年経った今。

この「大暑」の期間の「打ち水」が、なんと全国各地で恒例行事となっているんです。

アスファルトやコンクリートの建物によるヒートアイランド現象ってのは皆さんも耳にしたことがあると思います。

経済発展を優先させすぎた故の結果でしょうか?

でも子供たちも遊べる一つのイベントとして盛り上がるのは良いことですよね?

土用の丑の日と同じくらい全国に普及して欲しいものです。

 

まとめ

 

このように日本の暑い夏「大暑」。

暑いながらもそれを乗り越える為、日本人が長い歴史の中で作りだした食・慣習。

自分なりにイベントとして楽しんでみてはいかがでしょう。。。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.