24節気

霜降(そうこう)っていつ? どんな意味が?

更新日:

 

 

(そうこう)と読みます。

霜が降りるという意味です。

この時期から東北地方や本州の中部では霜が降りてくるようになります。

日が段々と短くなり、山や草花も日を追うごとに徐々に紅く染まってきます。

晩秋の訪れを感じつつ、だんだんと温かいお鍋やココアが恋しくなってきます。

朝晩の思わぬ冷え込みに、毛布やこたつなどの冬仕度を始める季節ですね。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

霜降はいつ?

 

霜降は10月23日頃です。

期間としては、10月23日頃からの15日間が霜降です

次の節気の「立冬」の前日、11月6日頃までとなります。

前の節気は、「寒露」です。

 

霜降の意味

 

霜が降るという意味です。

江戸時代の暦の本『こよみ便覧』に「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と書かれています。

霜降の前の二十四節気は寒露(かんろ)ですが、露が凍りそうな寒さから、露が凍った霜へ、文字からもいっそう寒くなってきたことが感じられますね。

また、この時期から立冬までの間に吹く、寒い北風を木枯らしと呼びます。

木枯らしが吹き始めるくらいに寒くなると、楓や蔦などの木々が色づき始めます。

気圧の配置も冬型となった北風である木枯らしは、まさに秋の終わりと冬の始まりを告げる印となるのですね。

 

霜降と七十二侯

 

霜始降(しも はじめて ふる)

霜降の初候 10月23日~10月27日ころまで

霜が降り始めることです。

霜の発生をわたしたちは「降る(ふる)」「降りる(おりる)」「置く(おく)」と表します。

夜のうちに地面や草花が冷えて、それに触れた空気中の水分が凍って霜となります。

朝になってまっ白に地面や草花を覆っている霜を見た昔の人は、空から降ってきた、もしくは降りてきたものと考えていたそうです。

また、置くという表現は「物にある位置を占めさせる」意味なので、霜を置くという言葉は、霜にその位置を占めさせるという表現になります。

 

霎時施(こさめ ときどき ふる)

霜降の次候 10月28日~11月1日ころまで

 

小雨がしとしと降ることです。

霎(こさめ)という漢字は、通り雨・またたく間という意味をもちます。

秋の始めは蒸していた雨も、秋の終わりは冷たい雨に変わります。

晩秋から冬の始めの通り雨のことで、その年に始めて降った時雨(しぐれ)は初時雨(はつしぐれ)とも言われますね。

 

楓蔦黄(もみじ つた きばむ)

霜降の末候 11月2日~11月6日ころまで

 

楓や蔦が色づき始めます。

色づく色によって、紅葉(こうよう)、黄葉(こうよう・おうよう)、褐葉(かつよう)と区別して呼ぶこともあります。

木々が紅葉することを、昔の人は「もみづ」「もみぢ(じ)」と言っていました。

現代のわたしたちも楓の木のことを「もみじ」という名前で呼んでいるのは、楓が錦の織物のように色とりどりに染まっていく姿が紅葉、黄葉どの漢字にも全て当てはまって一つに決められないからなのかもしれませんね。

 

霜に関係することば

 

「霜」を「置く」

「霜」を「置く」という表現が、万葉集の和歌や百人一首の和歌にも出てきます。

万葉集2巻(87番)磐姫皇后(いはのひめのおほきさき)に
「ありつつも 君をば待たむ 打ち靡(なび)く わが黒髪に 霜の置くまでに」

ここに居続けてあなたを待っています。

この長くなびく黒髪が白髪になるまでも、という意味です。黒髪に霜(白髪)が置く、といった意味でつかわれています。

霜の、気づいたらいつのまにか降りている、草花の上にそっと乗っている様子が白髪とかさなったのでしょうか。

百人一首(6番)中納言家持(ちゅうなごんいえもち)

「かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける」

かささぎが(空の天の川に)渡すと言われる橋に置かれた霜のような(星の)白さを見れば 夜もすっかり更けてしまった、という意味です。

ここでは霜の白さが、空に散らばる星々にたとえられています。

ほのかにきらめく霜の白さと、寒々とした空にまたたく星とが重なってみえるようです。

 

「楓葉経霜紅(ふうようはしもをへてくれないなり)」

禅のことばです。

楓の葉は、霜の降り始める時期から冬の初めの寒さを経て、いっそう鮮やかに紅葉します。

それと同じように人間も、厳しい環境に耐えて苦労を重ねてきた人こそ、はじめて優れた人物になる、といった意味です。

 

まとめ

 

実りの秋から時雨や木枯らしを経て、寒さ厳しい冬へと移り変わるこの時期は、つい寂しい季節と思われがちです。

紅葉していくことで色づく山々や、降るごとに気温が下がる時雨、木枯らしのニュースも霜降ならではです。

一日一日と冬へと近づく季節の変化を楽しみながら、霜降を過ごしてみませんか。

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.