24節気

春分の日とは? お彼岸はいつ?

更新日:

 

 

「春分の日」のほうがよく知られていますね。

春分の日は、秋分の日と同じで、昼と夜の長さが同じというのは有名ですね。

春分の日と言えば、お彼岸の中日。

そんな春分の日ですが、本来は春分とは二十四節気のひとつです。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

春分の日って?

 

3月21日頃を春分の日といい、祝日ですね。

もともと明治時代に、春分の中日を「春季皇霊祭」として宮中で祖先を祭る日だったものが庶民の間に広まって、国民の祝日となりました。

それから1948年に、「自然を称え将来のために努力する日」と法律で定められ春分の日になったそうです。

 

春分点

 

春分の日は、太陽が春分点を通る日で、昼と夜の長さが同じになると言われています。

なので、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。

 

 

春分の日はいつ?

 

3月21日頃です。

24節気の期間としては、3月21日頃から、次の節気の「声明」までの期間をいいます。

前の節気は「啓蟄」ですね。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、季節の変わり目で寒さが和らぎ、すごしやすくなってくる季節ですね。

 

春分と七十二候

 

雀始巣

すずめはじめてすくう

3月20日~3月24日頃まで

雀が巣を作り始める頃という意。

 

桜始開

さくらはじめてひらく

3月25日~3月29日頃

春の訪れを告げる桜が咲き始める頃。

桜前線が北上し、お花見の季節の到来ですね。

 

雷乃発声

かみなりすなわちこえをはっす

3月30日~4月4日頃まで

春雷(しゅんらい)と言われるように、雷が鳴り始める頃。

別名、「虫だしの雷」とも言います。

 

春分の歳時記

 

お彼岸

 

春分の日、また秋分の日はお彼岸の時期です。

お彼岸の由来

 

お彼岸とは、そもそも仏教の習わしです。

春分の日、秋分の日が太陽が真東から昇り、真西に沈むことから、西方極楽浄土の進行と結びついた、日本独特のものなんです。

あの世とこの世がもっとも通じやすい日と考えられてきて、お墓参りの習慣が始まったんですね。

 

お彼岸の時期

 

お彼岸の時期は、春分の日、秋分の日を中日として、それぞれ前後3日間が、お彼岸の期間とされています。

お彼岸と言えばお墓参りですね。

お彼岸の初日を「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」と呼びます。

春分、秋分の日をそれぞれ、「中日」と呼びます。

 

 

ぼた餅とお萩

 

お彼岸の食べ物として、「ぼた餅」と、もうひとつ「お萩」がありますね。

実はこれ、同じ食べ物なんです^^。

それではなんで呼び方が違うのか?

 

ぼた餅は 「牡丹餅」と書きます。

牡丹は春に咲きます。

萩は仲秋の名月のお供えとして知られていますね。

実はそこからきた呼び方で、春分の日に食べるのが「ぼた餅」、秋分の日に食べるのが「お萩」なんです。

も1回書きますが、だけど同じ食べ物ですよ。。。

 

春がやってくる

 

自然をたたえ、命を慈しむ日とされた春分の日。

いよいよ春本番がスタートするこの時期は、気持ちもわくわくしてきますね。

冬の風雪に耐えた花が蕾をほころばせ、とりどりの色を競います。

風は優しく、太陽の日差しが温かくなります。

ステキな季節の到来です。。。

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.