24節気

小暑の時期はいつ? 暑中見舞いはいつだすの?

更新日:

 

 

 

小暑は二十四節気の十一番目の節気で、だんだん暑さが強くなっていくという意味があります。

ちょうど梅雨の終わるころ、七夕のころから小暑がはじまります。

蝉の声が始まるこの時期は、いよいよ夏だなと感じる季節ですね。

小暑という言葉を聞いたら、本格的が夏が始まるという合図だ、いよいよ夏だと思ってください。

夏本番を迎えるこの頃、日差しが強く気温も急上昇しますから、きちんと食べて体調管理に十分気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

小暑の時期はいつでしょう

 

小暑はちょうど七夕の7月7日頃からはじまります。

期間としては、小暑が始まる7月7日頃から、次の節気である「大暑」(7月23日頃)の前日までを指します。

前の節気は、「夏至」です。

ちょうど梅雨明けの時期ですが、小暑までに梅雨入りが確認できない年は、梅雨入りなしとなることもあります。

 

暑中見舞いはいつ出せばいいの?

 

暑中見舞いとは、昔はお盆の前に何か贈り物をもって訪問したことの名残からきていて、直接訪問する代わりに挨拶状をだすようになったことから始まったと言われているそうです。

 

小暑から立秋の前日(8月7日頃)までの期間を、「暑中」といいます。

なので、暑中見舞いはこの時期に書きます。

では、「小暑の候」と書きますが、いつの時期か迷ってしまいますね。

「小暑の候」と書くのは、小暑から大暑の前日までです。

小暑は「小暑の候」、大暑は「大暑の候」となります。

 

正式には大暑からという説、夏の土用に出すという説などあります。

なので、梅雨の時期に暑中見舞いをだしても問題ありません。

そのさい、日付は書かないで「○○年 〇月」としたり「○○年 盛夏」というふうにします。

 

そして「暑中」がすぎると、「残暑見舞い」として手紙を出します。

残暑とは、立秋から白露(9月8日頃)の前日までの期間です。

実際には区切りをつけて8月中に出すようになっています。

 

小暑と七十二候

 

温風至

あつかぜいたる

7月7日から7月11日頃まで

熱い風が吹き始めるという意。

ちなみに温風とは、梅雨明けの頃に吹く南風を差します。

 

蓮始開

はすはじめてひらく

7月12日から7月16日頃まで

蓮の花が咲き始めるという意味があります。

水の上に浮かぶ清い蓮は天上の花ともいわれていますね。

 

鷹乃学習

たかすなわちがくしゅうす

鷹の子供が飛ぶ術を覚え巣立ちを迎える頃からきています。

ひとり立ちして大空を駆け巡り始めます。

 

小暑の歳時記

 

*朝顔が咲き始めます。この時期は東京・入谷の鬼子母神で小暑のこの時期に「朝顔市」が開催されます。

*蓮の花が咲き始める頃です。

*そうめんがおいしい時期ですね。

*うなぎです!

*夏野菜の季節です、ナスやキュウリ、スイカやトマトなど夏を彩る涼し気な食べ物がおいしい季節ですね。

 

まとめ

 

次の節気の大暑になると、いよいよ夏本番で、その少し前の「小暑」。

蝉が泣き始め、七夕が始まるこの頃は、まさに夏がやってきたということを実感する時期ですね。

体に気をつけて夏を楽しみましょう。

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.