24節気

小雪(しょうせつ)の意味は? いつ? 七十二候

更新日:

 

 

 

小さな雪とかいて小雪(しょうせつ)と呼びます。

二十四節気のひとつで、雪が降り始めるころ。

色づいた葉が落ち始め、木枯らしが足元を通りすぎる秋が深まるこのころ。

冬の足音が少しずつ聞こえてきます。

西日本では夏みかんの収穫を始めるのもこのころです。

こたつの準備をはじめ

お世話になった方への感謝の気持ちを込めてお歳暮の準備をする時期ですね。

小雪について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

小雪の意味は?

 

冬の始まりを意味する「立冬」が過ぎると、小雪です。

次が大雪

小さいという漢字には少しとかわずかという意味があります。

少しずつ雪が降り始める季節がきたよ、ってことですかね。

秋も深まり、積もるほど降らないことから小雪と言われるようになりました。

 

実際には初雪の季節より、20日から1ヶ月ほどはやくなっているんですね。

 

 

小雪はいつ?

 

11月22日ごろが小雪です。

次の節気の「大雪」の前日までの12月6日ころまでが小雪です。

前の節気は、「立冬」ですね。

 

小雪の七十二候

 

虹蔵蒸不見 にじかくれてみえず

小雪の初候

11月22日から11月26日ころまで。

陽ざしが弱まり、虹を見ることができなくなる時期です。

見えたとしても夏のようなはっきりとしたものではなくぼんやりしていてすぐに消えてしまいます。

 

朔風払葉 きたかぜこのはをはらう

小雪の次候

11月27日から12月1日ころまで。

朔風都は北風のことです。冷たい風が紅葉した葉を落とすころ。

葉を落とした木々と落ち葉が舞う時期です。

 

橘始黄 たちばなはじめてきばむ

小雪の末候

12月2日から12月6日ころまで。

橘とは柑橘のことで、みかんなど柑橘の果物の実が黄色く色づくころです。

昔は柑橘は、葉が落ちない常緑植物であることから永遠を表すとされ、不老不死の食べ物だと信じられていたようです。

 

小雪(しょうせつ)の歳時記

 

小春日和 こはるびより

小春とは旧暦の10月のことで、遅い秋から冬の初めのころのこと。

この時期に春のような暖かい日を「小春日和」と呼びます。

「小春日和」は、この時期だけに使う言葉です。

春の暖かい時期に呼ぶ言葉ではないんですね。

 

小雪(こゆき)

天気予報の表現で少し降る雪のことです。

数時間降ったとしても、1時間あたりの降雪量が1ミリに満たないとき、「こゆき」と表現します。

小雪(しょうせつ)のこの時期、小雪(こゆき)がちらほら舞います。

フリガナがないとわかりずらいですね(笑)

 

大雪 小寒 大寒

いつれも二十四節気のひとつです。

 

立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒の順です。

 

新嘗祭 にいなめさい

現在は一部の神社でしか行われなくなりましたが、元々は大きなお祭りだったようです。

「新嘗」とは、その年に収穫された穀物を食べることを意味しています。

11月23日に穀物の収穫を感謝するお祭りです。

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.