24節気

小満(しょうまん)はいつ? 意味や走り梅雨

更新日:

 

 

小満(しょうまん)とは、二十四節気の8番目になります。

草や花々だけではなく人間にっとても爽やかな暖かな太陽と風を感じる五月晴れの季節です。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

小満はいつ?

 

小満は5月21日頃になります。

期間としては、5月21日頃から~6月4日ごろまでの、芒種(ぼうしゅ)の前日までになります。

前後の節気は「立夏 」→ 「小満 」→ 「芒種」の順番になります。

 

小満の意味

 

小満には「万物が満ち溢れ草木が繁る」という意味があります。

気温が暖かくなりはじめ、成長した草や花々が大地に満ちるといった意味から小満(しょうまん)と言われています。

 

走り梅雨

暖かさには暑さが混ざりはじめるとともに、しばらく晴れが続いたあとに梅雨がやってきます。

梅雨に入る前の時期にもあたるので、走り梅雨(はしりづゆ)とも呼ばれています。

 

また昔はこの時季には田植えがはじめられていました。

今のように機械による田植えではなく、人の手作業で苗を植えていたのでこの時季だったようですが、今では機械で苗を植えるスピードが早いのでこの時季にはすでに田植えが終わっているところが多いようです。

 

小満と七十二候

 

二十四節気は「初候」「次候」「末候」と約5日ずつに期間が分けられています。

 

初候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

5月21日~5月25日ごろ

二十四節気の小満の初候にあたります。
季節で言うと初夏にあたります。

「蚕起食桑」を直訳すると、「蚕(かいこ)が桑(くわ)の葉を食べはじめる」という意味になります。

蚕は桑の葉を餌にして活発に動き出し成長し、絹を作り出し「さなぎ」になります。

農家の人は蚕から天然の絹の繊維を採取します。

そのため蚕が桑の葉を食べはじめる時季が農家にとっての重要な資源であったため、「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」と呼ばれています。

ちなみに、蚕は絹繊維の採取として家畜化された昆虫ですので、野生には生息していない昆虫です。

蚕の繭から採取した絹糸は光沢があり、天然の素材の中でも高価な素材です。

 

次候 紅花栄(べにばなさかう)

5月26日~5月30日ごろ

二十四節気の小満の次候にあたります。
「紅花栄」を直訳すると、「紅花が咲く」という意味になります。

キク科の紅花は昔から化粧品や染料、食料として栽培されてきました。

染料として使われる紅花は、花びらが柔らかくなる早朝に花びらだけが摘み取られます。

花びらには赤色や黄色の色素を含み、紅色、桜色など様々な色で生活を彩ってくれています。

昔から人の生活に根付いている花が豊富に咲く時季であることから、次候にとして紅花の意味が含まれているのですね。

 

末候 麦秋至(むぎのときいたる)

5月31日~6月4日ごろ

二十四節気の小満の末候にあたります。

前年に植えた麦が豊穣を6月ごろに迎える収穫することから、麦秋至と言われています。

四季の中では初夏にあたりますが、麦と収穫の秋を組み合わせて、麦秋(ばくしゅう)の文字が使われています。

麦が梅雨の雨で発芽してしまわないように、この時季に収穫することが重要なのです。

小麦、大麦、ライ麦など多くの種類が存在する麦ですが、最近ではもち麦などがお米と同じコーナーで販売されており、お米の代わりにもち麦を食べたり、お米に混ぜて健康食として食べる方も多いようです。

 

まとめ

 

小満は草や花々が育ち大地に満ちあふれる時季です。

大地が草や花々で色が変化するように夏へ向けて衣替えをはじめましょう。

地域によっては「走り梅雨(はしりづゆ)」がはじまります。

高温多湿になるとカビや食中有毒が私たちの健康に悪影響をおよぼします。

梅雨に備えて雨具の準備をするだけではなく、室内の湿度に気をつかい、健康に気をつける心の準備もはじめておきましょう。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.