24節気

小寒(しょうかん)はいつ? 歳時記と七十二候

更新日:

 

 

小寒(しょうかん)とは、二十四節気の23番目になります。

暦のうえで最も寒さが厳しくなる時期の前半を指します。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

小寒の時期

小寒は1月5日頃です。

期間としては、1月5日から、次の節気の「大寒(だいかん)」の前日まで、1月19日頃までになります。

前の節気は、「冬至」です。

小寒から「立春」の前日までを「寒」と言います。

文字の通り寒い時期を意味しています。

 

小寒の歳時記

 

小寒の別名「寒の入り」

 

小寒は寒さが厳しくなる時期の前半を指しますので、別名「寒の入り」とも呼ばれ、この日から冬本番を迎えるのです。

小寒が「寒の入り」に対し、小寒のあとに続く立春は「寒の明け」になります。

大寒(だいかん)は最も寒さが厳しく、その一歩手前の寒さで、最大の寒さではないことから小寒という名前になっているので納得がいきますよね。

また、前後の節気は冬至 → 小寒 → 大寒の順番になります。

 

小寒に贈る「寒中見舞い」

 

日本の習慣には寒中見舞いというものがあります。

喪中で年賀状や年賀状の返答が出せない時に送られる挨拶状です。

寒さが厳しい季節の中で相手の健康を気づかったり、自身の近況を伝えたりします。

その寒中見舞いを出すのもこの小寒から立春までの間になります。

 

寒四郎(かんしろう)と寒九(かんく)

小寒から4日目は寒四郎(かんしろう)と呼ばれています。

その日の天候が麦の収穫を左右すると言われています。

また小寒から9日目は寒九(かんく)と呼ばれます。

同じく天候なのですが、その日にフル雨は「寒九の雨」とも呼ばれ、豊作になると言われています。

農作をする上で昔の人たちにとって小寒の天候は、非常に重要なものだったようです。

 

寒中水泳 寒稽古

寒中水泳や寒稽古が行われる風景をお正月のニュースで見かける方も多いと思いますが、寒さの厳しい「寒」の時季に武道や芸事の鍛錬を積むことで、技術を習得しながらも厳しい寒さに耐え精神を鍛えていくのです。

 

霜の花

小寒は「霜の花」の季節でもあります。

様々な早春の花の花びらや葉に霜の結晶がつき、まるで白い花のように輝きます。

別名フロストフラワーとも呼ばれていて幻想的です。

本当のお花を楽しみたい方は「木瓜(ぼけ)」という梅の花に似た花が咲き始めるので探してみると良いでしょう。

形は梅の花より丸みがあり可愛らしいです。

 

小寒と七十二候

 

二十四節気は「初候」「次候」「末候」と約5日ずつに期間が分けられています。

初候 芹乃栄(せりすなわちさかう)

1月5日~1月9日ごろ

二十四節気の小寒の初候にあたります。

正月の7日は人日(じんじつ)の節句の日です。

1月7日に食べられる七草粥は、前年で疲れた胃腸をいたわるとともに、新年の健康を祈って食べます。

芹乃栄はその七草粥でおなじみの七草の一つ、芹(せり)が盛んに育つ時季なのです。

多年草で三つ葉に似た味の芹は小寒の始まりの味です。

七草をすべて買い集めるのは大変かもしれませんが、ご安心ください。

この時季スーパーやネット通販などでも七草粥のセットをよく見かけます。

 

次候 水泉動(しみずあたたかをふくむ)

1月10日~1月14日ごろ

二十四節気の小寒の次候にあたります。

水泉(しみず)とは地中から湧き出る泉のことを言います。

土の中で凍っていた水が溶けはじめるころを表しています。

空気はまだまだ冷たく地上では凍りつく厳しい寒さですが目に見えないところで少しずつ動き出しているのです。

 

末候雉始雊(きじはじめてなく)

1月15日~1月19日ごろ

二十四節気の小寒の末候にあたります。
現在の1万円札の裏側に描かれている日本の国鳥のキジは繁殖時期になると、雄のキジがメスのキジへの求愛の行為として鳴き始めます。

ちょうど求愛の時期と末候が同じ時期であるため、そのキジの行動の通り雉始雊(きじはじめてなく)と呼ばれています。

 

まとめ

 

小寒は、立春・立夏・立秋ほど意識はされない節気ですが、冬の寒さが最も厳しくなる時季の入り口です。

寒さとともに乾燥も厳しくなっていくので、防寒対策をして体調に気をつけましょう。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.