24節気

二十四節気の処暑(しょしょ)とは? 時期は? 意味は?

更新日:

 

 

処暑=しょしょと読みます。

処暑は二十四節気の14番目の節気です。

 

まだまだ暑いですが、夏の暑さが峠を越える頃。

暦便覧では「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」とあるように、夏の終わりの季節です。

お盆が終わり、熱さのピークがようやく落ち着くこの時期は、だけどまだまだ残暑は続きます。。。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

処暑はいつ?

 

処暑は8月23日頃です。

期間としては、8月23日から9月7日まで、次の節気の「白露」の前日までです。

前の節気は「立秋」で、暦の上では立秋から秋なんですが、まだまだ残暑は厳しい時期ですね。

 

処暑の意味

 

「処」は処するとも言いますね。

収まる、止まるという意味の言葉で、処暑とは「ようやく暑さが収まり、和らいでくる」という意味なんです。

暦便覧には、「陽気とどまりて、はじめて退きやまんとすれば也」とあります。

*暦便覧とは、江戸時代の暦の解説書のこと。

 

処暑の七十二候

 

初候 綿柎開

めんぷひらく

8月23日~8月27日頃まで

綿を包んでたまわりの咢(がく)が開く時期という意。

綿花の実がはじけ、柔らかい、白い綿毛が顔をだすことを表しているんです。

 

次候 天地始粛

てんちはじめてしゅくす

8月28日~9月1日頃まで

暑さがようやく収まり始め、天地が静かになる。

「粛」とは静まる、慎むといった意味があります。

この頃から虫の鳴き声が聞こえ始めます。

 

実は、虫の鳴き声を美しいと感じるのは、世界でも日本人とポリネシアの人たちだけなんだそうです。

日本人の感性はステキですね。

 

末候 禾乃登

かすなわちみのる

9月2日~9月6日頃まで

稲が実る。

「禾」は稲の穂が垂れている様子を表す象形文字です。

 

処暑の歳時記

台風得意日

 

処暑は、昔から二百十日(立春から数えて210日目・9月1日頃)と二百二十日(立春から数えて220日目・9月11日頃)と並んで台風得意日と言われてきました。

これには根拠はないと言われていますが、昔の人の知恵はばかにできません。

急な夕立はこの時期、ありますね。

でかけるとき、折りたたみ傘なとカバンにいれておくと役に立つかもしれません。

 

送南風(おくれまぜ)

 

この時期に吹く風を、送南風(おくれまぜ)と言います。

盂蘭盆会(うらぼんえ)の頃に吹く「盆東風(ぼんごち)」が過ぎてから吹く南風です。

夏の終わりを告げるかのようですね。

 

残暑見舞い

 

処暑の時期は残暑見舞いの時期です。

「処暑の折」や「処暑の候」など、処暑は秋の季語にもなっていますね。

ちなみに残暑見舞いは、立秋(8月7日頃)から8月いっぱいまでに出すのがマナーとされています。

 

まだまだ残暑が

 

暦の上では秋だといっても、まだまだ残暑が厳しいのがこの時期です。

お盆が過ぎ、夏休みもそろそろ終わりに近づき、「そろそろ夏も終わりだなぁ」なんて感じますが、まだまだ暑さは続きます。

自愛して元気に過ごしましょう。。。

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.