24節気

清明(せいめい)はいつ? 由来や風習について

更新日:

 

 

清明は、二十四節気の5番目で「せいめい」と読みます。

最初は「有名な陰陽師・安倍晴明のことかなぁ?」と思っていたのですが、よくよく見ると漢字が違いました。

どのような由来があるのでしょうか。

それでは、清明について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

清明はいつ?

 

清明は4月5日頃です。

期間としては、次の節気の「穀雨」の前日、4月19日頃までが清明の期間です。

ちなみに声明の前の節気は「春分」です。。。

 

 

清明の由来は?

 

国立国会図書館に、江戸時代に書かれた『暦便覧』という本が蔵書されています。

二十四節気についても記載されているのですが、清明は

「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」
と記されています。

万物が清らかで明るく生き生きしており、芽吹いた芽がなんの植物なのか分かり始める、というような意味です。

つまり清明とは「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」という言葉の略なのです。

毎年だいたい4月5日頃にあたり、いろいろな花が咲いたり、暖かい風が吹いたりします。

お花見の時季を迎える地域もありますね。

 

清明の期間の七十二候にはどんなものがあるの?

 

二十四節気は、約15日間隔で設定されています。

これを約5日ずつに分けた期間のことを、七十二候(しちじゅうにこう)といいます。

古代中国で考えられた季節を表す方式のひとつで、日本に合うように変更されています。

この七十二候を見ていくと、もっと深く、季節を感じられますよ!

清明の期間には、以下の3つの七十二候があります。

 

[初候] 玄鳥至

読み:つばめ いたる
意味:燕が南からやって来る

 

[次候] 鴻雁北

読み:こうがん きたす
意味:雁が北へ渡っていく

 

[末候] 虹始見

読み:にじ はじめて あらわる
意味:雨の後に虹が出始める

 

清明の風習は?

 

二十四節気発祥の地である中国や、日本でも沖縄では、清明におこなう風習があります。

どのような風習があるのでしょうか。

 

清明節(中国)

中国では、清明の日を「清明節(チンミンジェ)」と呼びます。

この日は先祖の墓を掃除し、お参りをする日らしく、この風習は唐代には既にあったといわれています。

日本の「お盆」に近い感覚なのかも知れませんね。
またほかにも、郊外へ出て散策をしたり宴会をしたりと、春を楽しむ日でもあるようです。

此方は、遠足のようなイメージでしょうか。

集まって蹴鞠などのスポーツをしたり、凧を揚げたりする方もいらっしゃるようです。

また季候がよいこともあり、植樹をする風習もあります。

そのため、清明節を「植樹節」と呼ぶこともあるのだとか。

ほかにも火を焚くことが禁じられているなど、中国の清明節にはこれ以外にもたくさんの風習が残っています。

 

清明祭(沖縄)

沖縄では「清明」を「しーみー」と発音します。

先祖を供養するための行事であり、沖縄でも墓を掃除してお参りをするようです。

そして、親族が揃って、墓前でご馳走をいただいて楽しむのだとか。

なかには、三味線を弾いたり歌ったり踊ったりされる方もいらっしゃるそうですよ。

全体的になんとなく、中国の清明節と似ていますね。

先祖への感謝の気持ちを若い世代へと伝えたり、親族での近況報告をしたりと、いろいろな要素がありそうな行事です。

ちなみに。

沖縄でも首里地方では「御清明」と書いて「うしーみー」と読みます。

 

まとめ

 

清明の次の二十四節気は穀雨(こくう)で、そのあとには立夏が続きます。

暦の上では夏に近付き、暖かくて活動もしやすい時季なのではないでしょうか。

庭や道端にどのような花が咲いているのかと眺めてみるのも、楽しいかも知れませんね。

青空のもと、鳥の歌声を聴きながらのんびり歩いてみては如何でしょうか。

なにか新しい発見があるかも知れませんよ。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.