24節気

立夏(りっか)とは 二十四節気の立夏はいつ? 

更新日:

 

立夏(りっか)と読みます。

山や野原の新緑が目立ち始め、夏の気配が感じられてくるこの時期はとても気持ちのいい季節ですね。

暦の上では、立夏から「夏」に入ります。

だけど、まだまだ気候的には春の感じが強い季節です。

 

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

立夏の時期

 

立夏は5月5日頃です。

ゴールデンウイークの終わり頃ですね。

期間でいえば、5月5日から、次の節気の「小満」の前日、5月20日頃までを指します。

ちなみに立夏の前の節気は、「穀雨」です。

 

暦の上ではこの日から夏に入るとはいえ、北国ではまだお花見の時期にあたります。

24節気の同じ仲間として、「立」という感じが入る言葉がありますね。

「立春(りっしゅん)」

この日から春が始まります。

「立秋(りっしゅう)」

暦の上ではこの日から秋です。

「立冬(りっとう)」

この日から冬です。

 

よく間違いやすい「初夏」は6月を表す言葉です。

また立夏は、八十八夜の数日後にあたります。

とてもいい季節ですね。

 

立夏と七十二候

 

蛙始鳴 初候

かわずはじめてなく

5月5日から5月9日頃まで

 

冬眠から目覚めた蛙が、いよいよ元気になり活動し始める頃。

蛙が泣き始める頃ですね、最近少なくなりましたが。

 

蚯蚓出 次候

みみずいずる

5月10日から5月14日頃まで

ミミズが土の中から出てくる頃。

他の生き物は「啓蟄」の時期に活動し始めますが、ミミズは少し遅いこの時期に顔を出し始めます。

 

竹笋生 末候

たけのこしょうず

5月15日から5月19日頃まで

タケノコが顔を出す頃。

旬のタケノコはまさにこの季節を代表する味覚ですね。

 

 

立夏の行事

 

端午の節句

立夏だから、というわけではありませんが、立夏は5月6日頃なので、5月5日の端午の節句とほぼ重なります。

なので、柏餅やちまきをこの頃に食べる人も多いでしょう。

 

恵方巻?

え?と思われる方も多いと思いますが、立夏の前日に恵方巻を食べる地方もあるそうです。

恵方巻といえば、2月の節分が有名ですね。

だけど、「節分」というのは2月だけではないんですね。

節分とは、季節の分かれ目という意味で、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日をさしているんです。

立春の前日が1年の始めということから有名ですが、本当は1年に4回あるんです。。。

 

うなぎ?

うなぎといえば、「土用の丑の日」です。

そもそも「土用」とは、立春・立夏・立秋・立冬の4つの時期のそれぞれの前の18日間を「土用」といいます。

「土用」の18日間の最初の日が、「土用の入り」なんです。

そして、「土用」の最後の日が『節分」です。

なので、立夏の前の18日間を「春の土用」というんです。

 

まとめ

 

立夏は、「夏立つ」「夏来る」と同じように夏の代表的な季語でもあります。

立夏のこの時期は、たけのこ、アスパラガス、さやえんどう、ジャガイモ、いちごなど野菜や果物も豊富に出回ります。

新茶がおいしい季節でもありますね。。。

 

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.