24節気

立秋(りっしゅう)はいつ? 暑中見舞い 残暑見舞い

更新日:

 

 

立秋(りっしゅう)とは、二十四節気の13番目になります。

暦のうえではこの日からが秋なんです。

まだまだ夏真っ盛りではありますが。。。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

立秋はいつ?

 

立秋はには8月7日頃です。

その年によって多少異なるため8月7日の前後に立秋が来ることもあります。

期間としては、8月7日から次の節気の「処暑」の前日、8月22日頃までを指します。

二十四節気でいうと「大暑」→ 「立秋」 → 「処暑」の順番になります。

また一般的に秋と言われる期間はこの立秋から立冬の前日までを言います。

暦のうえでは立秋は秋に入る日とされるのですが、実際に8月7日というのは残暑の季節。

日中は残暑が厳しいため、まだ秋を感じにくく立秋ということに違和感を覚えるかもしれませんね。

気象庁では毎年各地の「梅雨入り」「梅雨明け」の気象情報を発表するのですが、「梅雨明け」の宣言は立秋までとされています。

立秋まで梅雨が長く続くと「梅雨明け」の宣言ができないそうです。

 

暑中見舞いと残暑見舞い

 

日本の習慣には「暑中見舞い」「残暑見舞い」という習慣があります。

暑中見舞いは、夏の暑さが厳しい時季に相手の体調を気づかったり、自身の近況を伝えたりします。

暑中見舞いを出しても良い期間は、二十四節気でいう「小暑(しょうしょ)」といわれる7月7日ごろから「立秋(りっしゅう)」といわれる8月7日ごろです。

「残暑見舞い」は、「暑中見舞い」とあまり内容は変わらず、残暑が残る中の相手の健康や自身の近況を伝えるのですが、出しても良い時季が異なります。

「残暑見舞い」は「立秋(りっしゅう)」といわれる8月7日ごろから「処暑(しょしょ)」といわれる8月23日ごろまでです。

「立秋」前や「処暑」あとに残暑見舞いを出してしまうと非常識になるので気をつけましょう。

 

立秋と七十二候

 

二十四節気は「初候」「次候」「末候」と約5日ずつに期間が分けられています。

 

初候 涼風至(すずかぜいたる)

8月7日~8月11日ごろ

二十四節気の立秋の初候にあたります。

読み方はふた通りあり「すずかぜいたる」または「りょうふういたる」と読みます。

日中の真夏の暑さをまだまだ感じられる時季ではありますが、朝と夜はほんの少しかもしれませんが涼しい風が吹きはじめるので「涼風至」と言われています。

この「涼風至」からだんだんと日の入りが早くなり夜が長くなってきます。

残暑の中それまでの夏の暑さで身体がバテはじめるころなので、ビタミンB群など夏バテ防止の食材を選んで食べておくと良いでしょう。

 

次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)

8月12日~8月17日ごろ

二十四節気の立秋の次候にあたります。

その名の通りセミの一種のヒグラシが由来となっています。

ヒグラシはほぼ全国に生息しており、やや緑がかった色をしています。

その姿を間近に見ることは少ないかもしれませんが、「カナカナカナ」といった鳴き声は皆さんご存知なのではないでしょうか。

ヒグラシは別名「カナカナゼミ」とも言います。

「寒蝉鳴」のこの時季にヒグラシは鳴きはじめるため、俳句では秋の季語になっています。

 

末候 蒙霧升降(ふかききりまとう)

8月18日~8月22日ごろ

二十四節気の立秋の末候にあたります。

水辺などに深い霧がたちこめるころです。

都会ではなかなか見ることが少ないかもしれませんが、朝と夜の気温が下がり霧が立ち込めるころのことです。

ヒグラシ同様に霧も俳句では秋の季語になっています。

湖がある場所や深い森、湿原などで見る霧は幻想的な風景です。

 

まとめ

 

立秋のころの行事といえば、「お盆」ですね。

地域によってはお盆の時期に違いはあるものの、多くの地域では8月がお盆の時期です。

里帰りをしてお墓参りをするなど日本の大切な行事です。

立秋は、立冬に近づくまでの秋の季節、過ごしやすい気温になります。

運動など身体を動かすのも、夏バテを過ぎて食欲も出てくるので快適に過ごせる季節のはじまりです。

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.