24節気

立春はいつ? 立春大吉 節分との関係

更新日:

 

 

立春は、冬至雨水の間で、実際にはまだまだ寒いものの、梅の花がほころび始める等、春の気配が感じられる季節。。。

立春は、春が立つ、という意味で、この頃から寒さのピークはすぎじょじょに温かく春めいてくる頃という意味合いがあります。

寒中見舞いは立春前日までで、立春以降、2月末までは余寒見舞いの挨拶となります。

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

立春はいつ?

 

立春は2月4日です。

これは2024年までで、2025年からは2月2日が立春となります。

節分の翌日、と覚えている人も多いと思います。

期間としては2月4日から次の節気の「雨水」

 

立春の前の日が節分

立春の前の日は、豆まきの習慣が今も残る節分の日です。

節分は雑節の1つで、元々は24節季の立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指していました。

その中でも立春が1年の始まりとして重要な日である事から、その前日の節分のみが、今日まで生活習慣の中に残されて来たものです。

 

節分に豆まきするのはなぜ?

ちなみに、節分に現在も行われる豆まきの習慣は、宮中行事である追儺と寺社が邪気を祓う行事として節分に行っていた豆打ちの儀式が融合してできたものと言われています。

この節分の豆まきで邪気や鬼を払うという習慣と、立春大吉のお札を関連付ける逸話もあります。

立春大吉のお札のある家の玄関をくぐって入った鬼が、振り返ると紙の裏から立春大吉と読み、勘違いして家の門をくぐり直そうとして、そのまま出て行ったと言う逸話です。

この逸話を立春大吉の紙を貼る意味付けとされる事もあります。

 

立春大吉とは?

 

立春の日には、近年では減りつつありますが、家の鬼門に厄除けの意味で、立春大吉の紙を貼る家庭もあります。

これは禅宗の1つである曹洞宗の開祖である道元禅師が、

1247年の立春の日に書き記した言われる立春大吉の法語がその起源とされているんです。

以来、曹洞宗の寺院では立春の早朝にこのお札を貼り、邪気を払う習慣となり、それが一般家庭までに広まったものです。

また立春大吉の文字は、4文字とも左右対称で、紙の裏から見ても全く同じになっており、

これが縁起が良いとされ、旧暦の始まりの日にこの紙を貼る事で、1年間災難から逃れられると、一般的には意味付けされていますが、元々はもっと奥深い法語から来ているものなのです。

 

立春の行事

 

立春の日に、何か特別な行事を行ったり、特別な食べ物を頂くと言う根強い習慣はありませんが、それでも立春の名を冠した季節の旬の飲食物もあります。

まずは、立春朝搾りと言うお酒が有名です。

このお酒は前日の節分から立春にかけて搾り続けた生酒で、立春の早朝に出来上がったお酒です。

またお酒が駄目な甘党には、立春の朝に作った上質な生菓子を立春生菓子として提供されており、これを頂き、立春の気分を味わうのも良いでしょう。

さらに、立春の日に豆腐を頂く習慣も一部では残っています。

これは昔から豆が邪気を払い、白い豆腐は邪気を払う食べ物とされて来た事によります。

1年の始まりの季節である立春の日に豆腐を食べると、邪気を追い払い、幸せを呼んでくれ、1年中元気に暮らせると言う考えによる習慣です。

 

立春が起点の八十八夜

 

立春は24節季の1つで旧暦では1年の始めとされ、八十八夜、二百十日、二百二十日等の季節の節目とされる日も、この日を起点として数えられるものです。

八十八夜は春から夏に季節が移る時期で、昔は稲作における種まきのタイミングの目安とされていました。

二百十日や二百二十日は、立春から数えて210日目、220日目に当たり、この時季は稲が開花して結実する大事な時期ですが、

一方で台風が日本列島に接近しやすく、農作物が被害を受ける事も多いため、荒れ日や厄日として警戒する意味を持たせた日なのです。

こうした八十八夜・二百十日・二百二十日と言った表現は、現在のニュースや天気予報でも使われ、今日まで根付いた表現となっています。

 

立春は、旧暦の元旦と同日ではありませんが、それでも24節季においては1年の始まりに当たる日です。

そうした視点から、もっと盛大な行事が残っていても良いと思われますが、その前日の節分の行事の方が盛大となっています。

しかし、この日が1年の始めりとして重要な日である事は、八十八夜や二百十日・二百二十日と言う数え方です。

今日まで続いている事で読み取る事が出来ると言えるでしょう。

 

立春の七十二侯

 

はるかぜこおりをとく

東風解凍 2月4日ごろ

「東風」(こち)とは春風を表す代名詞です。

川や水の氷を、春の風が溶かし始めるころ。。。

 

うぐいすなく

黄鴬睍睆 2月9日ごろ

春の訪れを告げる鴬は「春告鳥」(はるつげどり)とも呼ばれますね。

鴬が山里で鳴き始める頃。

 

うおこおりをいずる

魚上氷 2月14日ごろ

春先の氷を「薄氷」と呼びますが、水がぬるみ、魚が割れた氷の間から跳びはねるころを指します。。。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.