24節気

穀雨(こくう)の時期はいつ? 春の雨 旬の食べ物

更新日:

 

 

穀雨とは、立春から始まる24節気のうちの第6の節気になります。

読んで字のごとく「穀物」に「雨」が降る季節のことです。

長らく続いた冬が終わり、色々なものが芽吹く春、その春の恩恵を受けつつも、夏や秋への本格的収穫(米や野菜)に向け準備を開始する時期でもあります。

稲作や農業が多くの日本人にとって生活の基盤になっていた時代。

春になり暖かくなった土壌に、雨が降るこの時期が「種まき」には最適の季節でした。

日本のほとんどの人にとって、まさに「仕事初めの時期」と言っても良いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

穀雨はいつ?

 

穀雨は4月20日頃です。

期間としては、次の節気の「立夏」の前の日、5月5日までが穀雨ですね。

前の節気は、「声明」です。

 

4月の雨につくいろいろな名前

 

よく春の時期(4月)に「よく雨が降るなー」なんて思う時がありませんか?
大体その時期がこれにあたり
2017年でいうと、4月20日から5月2日までがこの「穀雨」でした。

農家さんは、この時期に稲の田植えをしたり、収穫する野菜の種を蒔けば、植物や種が降った雨で土壌につきやすいんですね。

ちなみにこの春(4月)に降る雨に色んな名前が付いているって知ってましたか?
ちょっとご紹介したいと思います。

甘雨(かんう)
草木を潤し、成長を促すような優しい雨

百穀春雨(ひゃくこくはるさめ)
穀物を潤し、芽を出させる春の雨

春霖(しゅんりん)
長く降り続く春の雨

催花雨(さいかう)
いろいろな花を咲かせる雨

春時雨(はるしぐれ)
突然降ってきては止む、といった気まぐれな雨

瑞雨(ずいう)
穀物の生長を促す雨

菜種梅雨(なたねづゆ)
菜の花が咲く時期に降り続く雨

 

雨の中でもこれだけ言葉を作れるということは、日本人は本当に自然に対して少しの変化も見逃さず、その感覚が敏感だったんですね。

 

穀雨の時期の食べ物

 

また穀雨の時期には、農業や稲作だけではなく、「食」の部分でも旬の食材が沢山出てきます。

美味しさも格別ですし栄養価も高くなることから、日本人はこれら穀雨の時期の食べ物を暮らしの中にうまく取り込んできました。

穀雨の時期が旬である食べ物をいくつかご紹介したいと思います。

ホタルイカ

富山で有名な魚介類の一つ「ホタルイカ」。

深海で生活しているホタルイカが産卵のために海岸付近の浅瀬に上がってくるのがこの穀雨の時期。

新鮮な旬のホタルイカはお酒のつまみに大人気ですね、お刺身で酢味噌につけ食べると本当に美味しいですよね。

草餅

田舎のおばあちゃんがよく作ってくれた「草餅」。

あのよもぎの懐かしい草の香りが口いっぱいに広がり、日本人ならなんだかほっとする味ですよね。

ちなみに草の香りには悪い運気を払う力があるとされ、縁起の良い食べ物でもあるんです。

新茶

穀雨の終わりの時期は、新茶の詰み時期にあたります。

その年の最初に出た新芽で作ることから「初物」や「一番茶」とも言われ、一番茶で特に貴重なものは、1g高値で取引きされ、その昔はお殿様に献上される品だったそうです。

最後に、この時期は街の花屋さんやホームセンターの花・野菜売り場が大変賑やかになりますね。

近くを通り過ぎると本当にいい香りがして、街中に広がっています。

 

農業や稲作が身近にない方でも、もし街を歩いていてどこからともなくこの花の匂いがしてきたら「穀雨の季節」のことを思いだしてみて下さい。

そうやって、元来日本人は周りの空気・湿度・香り・温度などへの感覚が優れている国民なんですから。

 

まとめ

 

余談ですが、5月4日は毎年日本の祝日「みどりの日」です。

ちなみにこの「みどりの日」、日本の24節気「穀雨」に関係があるかと思いきや、実はその由来は関係ありません。

「みどりの日」が制定されたのは昭和で、当時の昭和天皇が「植物学」にとても精通されていた頃から名付けられたそうです。

そうは言っても、ゴールデンウィークなどの連休も重なるこの時期は、自然にみどりに植物に触れるには最適の季節です。是非、外にお出かけしてみましょう!

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.