24節気

寒露(二十四節気)の時期はいつ? 意味は? 中秋の名月と寒露

更新日:

 

 

二十四節気の17番目は「寒い」に「露(つゆ)」と書いて「かんろ」と読みます。

この名前から、冬のとっても寒い頃を想像しませんでしたか?

ですが暦のうえでは、毎年だいたい10月8日頃になります。

それでは、寒露について一緒に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

寒露はいつ?

 

寒露は10月8日頃です。

期間としては、10月8日から次の節気の、「霜降」の前日まで、10月22日頃までを指します。

前の節気は「秋分」です。

 

寒露って?

 

寒露は、草花に露のつく頃、そしてその露が冷たい空気によって凍りそうになる頃、という意味です。

冷たいといっても、冬の寒さからくる冷たさではありません。
10月上旬といえば、夏も終わり、朝晩の気温がぐっと下がる頃でもあります。

この、ぐっと下がった空気によって露が凍りそうになる、ということなのです。

早起きして外へ出ると、庭や道端の草花に露がついていることがありますよね。

田んぼではそろそろ稲刈りが終わる時季であり、柑橘類の収穫も始まります。

また視線を上げれば、山の木々も赤や黄色に紅葉し始める地域もあります。

ちなみに、江戸時代の本『暦便覧』には、寒露について

「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば」

と記されています。

 

寒露の期間の七十二候にはどんなものがあるの?

 

寒露をより深く識るために、七十二候(しちじゅうにこう)を確認しましょう。

寒露の期間には、以下の3つずつの七十二候があります。

七十二候がつくられた中国と日本では、少しずつ内容が異なります。

 

日本における寒露の期間の七十二候

 

[初候]鴻雁来

読み方:こうがん きたる

意味:雁が飛来し始める

 

[次候]菊花開

読み方:きくのはな ひらく

意味:菊の花が咲く

 

[末候]蟋蟀在戸

読み方:きりぎりす とにあり

意味:蟋蟀が戸の辺りで鳴く

 

中国における寒露の期間の七十二候

 

[初候]鴻雁来賓

読み方:こうがん らいひんす

意味:雁が多数飛来して客人となる

 

[次候]雀入大水為蛤

読み方:すずめ たいすいにいり はまぐりとなる

意味:雀が海に入って蛤になる

 

[末候]菊有黄華

読み方:きくに こうかあり

意味:菊の花が咲き出す

 

寒露と中秋の名月

 

寒露の頃は、ちょうど「中秋の名月」にあたります。

中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜の月のことをいいます。

そのため日付は毎年変わり、また満月であるとはかぎりません。

 

中秋の名月の由来

中秋の名月を鑑賞して楽しむ習慣は、平安時代に中国から伝わったといわれています。

平安時代、中秋の名月を楽しんでいたのは貴族達でした。

月を愛でながら歌を詠んだり、宴会を催したりしていたようです。

ただし。
平安貴族達は、夜空に輝く月を観ていただけではありませんでした。

酒を注いだ杯に映る月や、更には池などの水面に揺れる月を舟に乗って楽しんでいたとのこと。

なにやら風流ですね。

 

中秋の名月の定番

お月見といえば、薄(すすき)と月見団子を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

月は、古くは信仰の対象であり、中秋の名月には穀物の収穫を感謝する意味もありました。

米を粉にして丸めてつくったのが始まりとされる月見団子は、神へのお供え物だったのです。

また、地域によっては収穫したばかりの里芋を供えることもあるようです。

このため、中秋の名月は別名「芋名月(いもめいげつ)」とも呼ばれています。

もうひとつの定番・薄は神の依り代であり、稲穂のかたちに近いことから選ばれたそう。

魔除けにもなるとされており、中秋の名月が終わったあと、軒先に吊るしておく地域もあります。

ほかにも、季節の野菜や果物、草花などで飾り付けてもいいでしょう。

 

まとめ

 

最初にも書きましたが、寒露の頃は朝晩の冷え込みが厳しくなってきます。

昼間との気温差が激しくなることもあり、体調管理の難しい時季でもあります。

寒露の頃に衣替えをする方も、少なからずいらっしゃるようですね。

長袖の衣類や薄手の上着などを上手に活用して、風邪などを引かないように気を付けましょう。

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.