24節気

二十四節気一覧

投稿日:

 

日本には四季だけじゃなく、24の季節があります。

それを二十四節気といいます。

そしてそれぞれの節気のなかにも3つの小さな季節があります。

季節の移ろいを感じとる日本人の感性のすばらしさがとてもよくわかります。

それでは見ていきましょう。

赤い文字は、暦便覧よりの抜粋です。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

立春(りっしゅん)

 

正月節

春の気たつを以って也

2月4日頃

まだまだ寒さ真っただ中の2月4日頃が立春で、暦の上では春なんですね。

 

 

雨水(うすい)

 

正月中

陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也

2月19日頃。

降る雪が雨に変わり、雪が解け始める頃を表しています。

だけどまだまだ冬本番の時期なんですけど。。。

 

 

啓蟄(けいちつ)

 

二月節

陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也

3月6日頃。

「啓」はひらく、「蟄」は土の中にとじこもっていた虫という意味です。

虫とは蛇や蛙を差しています。

冬ごもりをしていた虫が地中から出てくる頃を表しています。

まだまだ気温は低いですが、土の中は少しずつ温まり、虫たちが冬眠から目覚める季節。

実際は虫がでてくるのはもう少し先です。。。

 

 

春分(しゅんぶん)

 

二月中

日天の中を行て昼夜等分の時也

3月21日頃で、暦の上ではこの日から春です。

秋分と同じで、昼と夜の長さが同じ日です。

同時に春のお彼岸の中日で、この日を挟んで前後7日間が春のお彼岸ですね。

花冷え、寒の戻りという言葉を使うのもこの時期です。

 

 

清明(せいめい)

 

三月節

万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也

4月5日頃。

清浄明潔の略で、万物が清らかで穢れなく、生き生きとしているという意味です。

春を感じるこの季節、風は温かく、お花見の季節です。

 

 

穀雨(こくう)

 

三月中

春雨降りて百穀を生化すれば也

4月20日頃。

春の雨が農作物を潤すという意味。

春雨はこの頃です。

太陽の光もじょじょに強くなり、変わりやすい春の天気もこのころから安定してきます。

 

 

立夏(りっか)

 

四月節

夏の立つがゆへ也

5月6日頃。

文字通り、この日から暦の上では夏です。

タケノコが土からでてきて、蛙が鳴き始めます。

野山は新緑に彩られます。

ゴールデンウイークの時期でもあるこの季節は、ハイキングにレジャーにいい季節です。

 

 

小満(しょうまん)

 

四月中

万物盈満すれば草木枝葉繁る

5月21日頃

盈満はえいまんと呼びます。

草木が成長し、青々と茂るさまを表しています。

また、麦の穂がつくころで安心する(満足する)という意味もあります。

動物や植物にも活気がに溢れています。

 

 

芒種(ぼうしゅ)

 

五月節

ある穀類、稼種する時也

6月6日頃。

(のぎ)と呼び、稲や米の穂先の毛の部分を指しています。

そのようにみえる穀物の種まきを始める頃。

西日本では梅雨の季節です。

昔から田植えを始める時期とされてきました。

 

 

夏至(げし)

 

五月中

陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也

6月21日頃。

1年でいちばん昼が長い日であることは言うまでもありませんね。

暦の上では夏の折り返し地点で、ここから本格的な夏がやってきます。

梅雨のシーズンで、アジサイや花菖蒲、でんでん虫の季節です。

 

 

小暑(しょうしょ)

 

六月節

大暑来れる前なれば也

7月7日頃

本格的な夏の少し手前の季節

蓮の花が咲き、蝉が合唱を始めるのもこの頃。

なお、小暑と大暑を合わせた期間を「暑中」といい、暑中見舞いをだす期間です。

 

 

大暑(たいしょ)

 

六月中

暑気いたりつまりたるゆえんなれば也

7月23日頃

最も熱い季節という意味。

しかし、実際には夏の本番はもう少しあと、立秋の頃ですが。。。

この暑い時期を乗り切るために、土用の丑の日にウナギを食べる風習が生まれました。

 

 

立秋(りっしゅう)

七月節

初めて秋の気立つがゆへなれば也

8月8日頃

立秋から暦の上では秋を迎えます。

一番暑い盛りです。

立秋からつぎの処暑の期間は、残暑見舞いをだします。

 

 

処暑(しょしょ)

 

七月中

陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也

8月23日頃

暑さを処する、つまり暑さが落ち着くという意味の処暑。

朝晩の風がいくらか涼しく吹く季節。

お盆が過ぎ、夏休みもそろそろ終わり、台風のシーズン到来です。

 

 

白露(はくろ)

 

八月節

陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也

9月8日頃

朝露が草花につき始め、白く光っているさまを表しています。

秋の気配が少しずつ深まります。

空は高く、ススキが垂れるのもこの頃。

 

 

秋分(しゅうぶん)

 

八月中

陰陽の中分となれば也

9月23日頃

陰陽とは昼と夜のことで、春分と同じで昼と夜の長さが同じです。

この日は秋の彼岸の中日で、その前後1週間がお彼岸です。

この頃を境に、秋の夜長を迎え、秋の七草の季節でもあります。

 

 

寒露(かんろ)

 

九月節

陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也

10月8日頃

冷たい露が草花に降りる頃という意味。

収穫の秋を迎え、旬の食材が食卓をにぎわしてくれます。

山の木々は紅葉の準備を始めます。

秋もいよいよ本番の気持ちのいい季節。

 

 

霜降(そうこう)

 

九月中

つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也

10月23日頃

朝に霜が降り始める季節。

紅葉のシーズンです。

 

 

立冬(りっとう)

 

十月節

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也

11月7日頃

文字通り、冬が立つ。

この立冬から立春の前日までが、暦の上では冬になります。

この時期に降る雨を時雨(しぐれ)と言います。

木枯らしが吹き始めるのもこの頃。

 

 

小雪(しょうせつ)

 

十月中

冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也

11月22日頃

寒くなり始め、雨が雪に変わるという意味です。

紅葉は枯れ、山では雪が舞い始めます。

本格的な冬の入り口です。

 

 

大雪(たいせつ)

 

十一月節

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也

12月7日頃

山は白い雪の帽子をかぶり、平野にも雪が舞い降ります。

野の動物たちは冬ごもりを始めます。

池の水が凍り、霜柱を踏むのもこの頃。

師走で、何かと忙しくなる時期でもありますね。

 

 

冬至(とうじ)

 

十一月中

日南の限りを行て日の短きの至りなれば也

12月22日頃

1年で最も昼が短く夜が長いのがこの日です。

冬至と言えば柚子湯ですね。

あとは冬至かぼちゃや冬至がゆも有名です。

これらは太陽の力が弱いこの時期の、無病息災や厄払いを願うことから始まった風習なんですよ。

 

 

小寒(しょうかん)

 

12月節

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也

1月5日頃

いよいよ寒さが本番になる季節。

小寒の日を「寒の入り」と言い、小寒と大寒の期間を「寒中」と呼びます。

寒中見舞いをだす時期です。

 

 

大寒(だいかん)

 

12月中

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也

1月20日頃

もっとも寒さが厳しいという意味です。

二十四節気の最後の節気です。

この次は立春で、春が近いということでもあります。

実際はこれから寒さが増すんですけれど。。。

 

 

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.