24節気

夏至とは? いつ? 風習は?

更新日:

 

 

夏至は、1年で昼の時間が一番長い日として知られていますね。

夏に至ると書いて、夏至ですが、梅雨のちょうど真ん中あたりです。

暦の上では、この日から本格的な夏がくるということですね。。。

だけど、外はしとしと、雨が。。。

 

ともあれ夏至についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

夏至はいつ?

 

夏至は6月21日頃です。

期間としては6月21日から、次の節気の「小暑」の前日の7月5日位までを指します。

夏至の前の節気は、「芒種(ぼうしゅ)」です。

 

よく知られたことですから、今更な感じですが、「日の出から日没までの時間が一番長い日」ですね。

これは、太陽の通る道が一番北になるために太陽が出ている時間が長くなるんです。

 

夏至と七十二候

 

乃東枯

なつかれくさかるる

6月21日~6月25日頃

冬至の頃に芽をだした夏枯草(かごそう)が枯れたように見える季節。

夏枯草とはうつぼ草の別名ですね。

色鮮やかな花が枯れていく風流を、昔の人は感じていたんですね。

 

菖蒲華

あやめはなさく

6月26日~6月30日頃まで

花菖蒲が咲き始める頃。

この花が咲くと梅雨到来と言われてきました。

ここでいうあやめとは端午の節句に使う菖蒲(しょうぶ)ではなく花菖蒲のことです。

 

半夏生

はんげしょうず

7月1日~7月6日頃まで

半夏が咲き始める頃。

そして半夏生という草の葉が白くなる頃です。

半夏とは、烏柄杓(からすびしゃく)の別名です。

田植えを終える目安とされてきました。

 

 

夏至の歳時記

 

夏至祭

 

夏至って、日本だけのものではないんですね。

世界でも、太陽の生命力を称えるお祭り「夏至祭」が世界で行われています。

特にネイティブの人たちは、夏至を1年でいちばん大切な日ととらえていて、夏至のすごし方をとても大切にしています。

 

日本でも、三重県二見浦のお祭りが有名ですね。

大小二つの夫婦岩の間から朝日が昇ります。

これは夏至の期間だけのことで、夫婦岩は全国にたくさんありますが、岩の間から昇る朝日が見れるのはとても珍しいことなんです。

 

半夏生

 

夏至から数えて11日目の雑節で、この頃に半夏という薬草が自生することから半夏生といいます。

農家では、昔から田植えを終える目安とされてきました。

 

各地の風習

 

大阪はタコを食べます

これは、「稲がタコの足のように大地に根を張りように」という願いを込めてたものだと言われています。

タコが海底で岩に足をへばりつけているところからきたものです。

 

関東は小麦のお餅

昔から、農作業を手伝ってくれた人に、小麦で作ったお餅を焼いたものを振る舞っていたそうです。

また神棚にお供えしたりしたとも。

 

まだまだ梅雨のこの季節。

それでも梅雨の晴れ間は日差しが強くなり、夏を予感させてくれます。

遅い夕焼けを眺めてみるのも一興ではないでしょうか。。。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.