24節気

大寒(だいかん)はいつ? 大寒の歳時記と七十二候

更新日:

 

 

1年を通して一番厳しい季節が大寒のこの時期。

長期保存の必要な味噌や醤油、日本酒などを仕込みが始まるのはこの時期です。

気温が低いゆえ水の雑菌も少なかったことを、先人たちは体感で知っていたのでしょう。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

大寒はいつ?

 

さて、『大寒』とはいつの時期なのでしょう?

大寒は1月20日頃です。

期間としては、1月20日から「立春」の前日、2月3日頃までを指します。

前の節気は、「小寒」です。

一年の中で一番日の短い日が『冬至』です。

それから太陽は復活し、徐々にまた日は伸びていきます。

しかし『冬至』を過ぎてからが実は寒さの本番で『小寒』『大寒』と続きます。

『小寒』から『立春』の前日までを『寒』といい、その中日に当たり、一年で最も寒い時期が『大寒』です。

いかにも寒そうな言葉で、この文字を見るだけで寒くなってきますね。

昔の人は、年末で一番忙しい時期が最も寒い時期と重なり、冷たい空気が肌を斬るような寒さの中あれやこれや大忙しで走り回っていたのでしょう。

火鉢で温まっている時間などなかったかもしれません。

 

大寒と七十二侯

 

款冬華(ふきのはなさく)

1月20日ごろ

フキノトウが雪の下から顔をだすころ。

ほろ苦い味と香りのフキノトウは春を知らせる味です。

 

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

1月25日ごろ

沢を流れる水が凍り、厚い氷が張り詰めるころ。

厳冬ならではの風景です。

 

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

1月30にちごろ

鶏は冬は産卵せず、春が近づくと卵を産みました。

この時期は鶏が、小屋に入って卵を産みはじめるころを表しています。

 

大寒の歳時記

 

神道の禊・寒修行

神道の禊・寒修行などが行われるのもこの時期です。

家の掃除もし、身を清め家を清め、年の改まった正月に新年の年神様をお迎えする準備を整え…。

忙しくはあったのでしょうが、やはり一年で一番厳しい季節です。

寒さに身を縮めながらも黙々とやるべきことをやっていた昔の人々は偉かったですね。

春隣り

『大寒』の後に来るのは、『立春』。

『大寒』も終わりに近づいた頃の季語に『春隣り』というのがありますが、こんな厳しい寒さと忙しさの中でも、気がつけば蕗の薹が雪の間から頭をのぞかせおり、春は確実にめぐってきます。

 

ご来光

旧暦では、新年は春とともにやってきました。

そして元旦は必ず月のない闇夜でした。

寒く冴えわたった闇の中、初日の出の光に乗って、年神様が山から下りてきてくれます。

そして今度は田の神様となって私たちを見守っていてくれるのです。

現代でも日本人は『ご来光』が大好きですが、電気がなかった時代それは格段に美しく感謝の気持ちもひとしおだったと思います。

しかしそれも『大寒』の厳しさ、清々しさがあってこその、身に染みて感じる喜びであったのではないでしょうか。

 

大寒の卵

大寒の日に産まれた卵のことを『大寒の卵』といって、昔から金運や健康運を呼び込むとされているようです。

我が家は鶏を飼っていますので、現在ではスーパーで一年中手に入る卵ですが、実は鶏は一年中卵を産んでいるわけではないことを知っています。

やはり暖かい時期によく産み、冬の厳寒の時は少なくなります。

そんな環境で産んだ貴重な卵です。

ですから、この『大寒卵』は、非常に縁起が良く、健康な身体になると言われていて、また金運もアップしてお金に困らなくなるとも言われています。

屋内はどこもが暖かい現代に生きる私たちですが、外で寒さに身震いした時、冷気で鼻が痛い時、あるいは炬燵で大寒卵を食べる時、そんな古の、先人たちの姿に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

 

冬の真っただ中のこの時期は、寒稽古、寒中水泳なども行われます。

味噌やお酒を仕込むのもこの時期です。

温かくしてすごしましょう。。。

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.