24節気

芒種(ぼうしゅ)はいつ? その意味と七十二侯

更新日:

 

 

芒種の頃は、麦の刈り入れや稲の植え付けに適した時期ですね。

紫陽花が咲き、芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、芒種と言われているんです。

芒種についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

sponcerdrink

 

芒種はいつ?

 

芒種は6月6日頃を指します。

期間としては、6月6日から次の節気の「夏至」の前日、6月20日頃になります。

前の節気は、「小満」です。

 

芒種の意味

 

稲や麦などの禾のある穀物を撒く時期の意で、イネ科植物の穂先にある毛のような部分を「芒」といい、田植えの目安とされています。

このころになると、田植えが始まり、天候は梅雨めいてきます。

農家の忙しくなる時期であり、少しじめじめと蒸し暑くなる頃です。

現在の田植えの時期は早まりましたが昔はこの時期に行われていました。

気象的にみると、梅雨入りになりかかることにあたります。

紫陽花が咲き、梅の実が青から黄色に色付き、百舌鳥が鳴き始めるのも芒種の時期あたりと言われています。

 

芒種の七十二侯

 

昔、中国ではこれをさらに一侯とする三侯(蟷螂生、鵙始鳴、反舌無声)に区分したといわれています。

これは中国の七十二侯の考え方ですが、日本での芒種の三侯は以下の通り^^。

新たな生命の誕生する時期だということが、わかりますね。

 

初候「螳螂生」

6月6日から6月9日ごろ。

「かまきりしょうず」と読みます。

カマキリが生まれる時期と言う意味です。

 

次候「腐草為蛍」

6月10日から6月15日ころ

「くされたるくさほたるとなる」と読むんですよ。

ホタルが舞うころ。

水辺にいると思われていますが、蛍は草原でもお尻を光らせて飛ぶんです。

 

末候「梅子黄」

6月16日から6月20日ころ

「うめのみきばむ」。

梅の実が黄色く色付く季節を表しています。

 

 

芒種の行事

 

旧暦では、このころは5月だったのでこの時期に長く降り続ける雨を五月雨(さみだれ)、雨の合間に晴れることを五月晴れ(さつきばれ)と呼びます。

梅雨の合間に見える晴天が五月晴れ。

五風十雨は五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降る天気のことで、順調で、農作に都合のいい気候を表しています。

 

芒種の旬の食材

 

鱚(きす)

一年中とれる魚ですが、旬は春から夏にかけての時期。

 

スルメイカ

スルメイカは、北海道から九州まで温帯の沿岸に棲息するイカで、夏に旬を迎えることから夏イカとも呼ばれています。

スルメの由来は、千したイカそのものを「スルメ」と呼ぶことから。

千物にすることで保存がよくきくことから、古代から朝廷への貢ぎ物として縁起の良い食べ物でもありました。

 

みょうが

みょうがは、収穫時期により「夏みまつが」や「秋みまつが」などの種類がありますが、現在は栽培法の変化で通年出回っています。

みょうがには、ビタミンCやカリウム、食物繊維などが多く含まれています。

 

芒種の花

 

紫陽花(あじさい)

六月から七月にかけて花を咲かせるアジサイ科の植物です。

花がさまざまな色になることから、「八仙花」や「七変化」とも。

三中源はさまざまあり、『万葉集』には「味狭藍」といった記述があります。

 

ミカン科ミカン属の常緑樹で紀伊半島や四国、九州に自生している日本の固有種です。

 

くちなし

アカネ科クチナシ属の常緑樹で、日本から中国、インドシナにかけて分布しています。

漢字では「山楯子」と書きます。

梅雨の時季に白い花を咲かせ、甘い香りを放ちます。花が咲いたあとに、オレンジ色の果実が実ります。

 

昼顔

朝顔に比べるとやや小ぶりな昼顔ですが、ピンクや自の花びらは、朝顔によく似ています。

その名が示すとおり、昼顔は昼の間に咲く花です。日が上っても花がしぼみません。

 

梅の実

梅の花が咲くのは二月から四月にかけて。

実が熟すのは六月のこの時季なのです。

強い酸味が特徴で、クエン酸が豊富に含まれていることから、健康食品としても愛用されています。

「塩梅」ということばがありますが、これは梅の塩漬けがうまくいったことを表していて、加減や調整がうまくいつたときに使われています。

 

sponcerdrink

sponcerdrink

-24節気

Copyright© 小さな大工のエボシ おかげさまで湘南茅ケ崎で21年 大工 リフォーム 便利屋 , 2018 All Rights Reserved.